2016年03月03日

冷酷陰惨!広島県呉市で生後8カ月乳児衰弱死、育児放棄で両親逮捕

2日午前8時頃、広島県呉市吉浦神賀町の民家から「子供が冷たくなっている」と、119番があった。救急隊員と広島県警呉署員が駆けつけた所、自宅1階和室の布団の上で、仰向けになっている生後8カ月の男児を見つけ、死亡が確認された。広島県警呉署は、衰弱した生後8カ月の長男を放置したとして、一緒にいた父親の無職・新井真央容疑者(41)と母親の新井綾香容疑者(22)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。長男に目立った外傷は無いが、あばら骨が浮き上がるほど痩せ、体重は生後8カ月の男児の平均のほぼ半分の約4キロだった。広島県警呉署は3日、司法解剖をして死因を調べる。
調べに対し父親の新井真央容疑者は、「衰弱しておらず、世話をしていた」と容疑を否認。母親の新井綾香容疑者は、「子供を大事にしてやれなかった」と容疑を認めていると言う。

広島県警呉署によると、2人は2月上旬〜3月2日、長男が衰弱しているのを知りながら、医療機関の受診を受けさせたり、看護したりする事なく放置した疑いがある。
また捜査関係者への取材で、死亡した長男がやせ細っていた事から、広島県警呉署は2月上旬から食事を殆ど与えていなかったと見て調べる。
新井真央容疑者宅は2階建ての一軒家で、3人暮らし。2人は普段は2階で就寝し、長男を1階和室に1人で寝かせるなどして、2月上旬から長期間放置していたと見られる事も判明。
死亡した長男は寝返りも打てない程、衰弱していたと見られ、広島県警呉署は育児放棄(ネグレクト)の疑いがあると見て経緯と詳しい動機などを調べる。

現場はJr呉線吉浦駅の北東約500メートルの住宅街。近所の30代男性によると、一家は2〜3カ月前に引っ越して来た。乳児の姿は見た事が無く、泣き声も聞いた事が無いと言う。男性は取材に「子供が居るとは知らず驚いた。相談してくれたら助けられたかもしれないのに」と話した。


無職の男を繋ぎ止める為に、22歳の女が妊娠した事を利用したとも思える・・・。
育児放棄と言うより、生まれたばかりの乳幼児を「道具」のように扱っていたとしたら、稚拙で唯我独尊な身勝手極まりないとしか言いようがない!
自分たちは、毎日、何んらかの食べ物を満足気に食べていただろう事を考えると、長男を見殺しにした事の罰は重い!!




posted by かえぴょん at 16:59| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。