2016年02月28日

東京多摩市で25歳男性殺害され隣人重傷、20代の男が逃走

27日午後9時頃、東京都多摩市永山3丁目のマンション4階の一室で、「助けを求める男の声とガラスの割れた音がした」と110番通報があった。警察官が駆けつけた所、4階の部屋の玄関で、この部屋に住む会社員の福吉香平さん(25)が血を流して倒れているのが見つかりました。警視庁によると、福吉香平さんは頭部や腹部など10カ所以上を刃物で刺され倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
警視庁多摩中央署のこれまでの調べで、福吉香平さんと言い争っていた男が、現場の部屋から立ち去るのが目撃されていると言う事です。目撃した同じ階に住む男性(63)は、4階のベランダから1階に転落して大ケガをしていて、「騒がしいので見に行ったらドアが開いており、中に居た男が向かって来たので、怖くなって隣の建物に飛び移ろうとして落ちた」と、話していると言う事です。

近くの男性は「『助けて』と言う若い男性の声が1回聞こえた。普通じゃない大声だったので表に出ると、マンション方向から、後ろを気にしながら走る男を見た」と話した。この男は黒い作業着を着ていて、現場から立ち去ったとの情報があり、警視庁多摩中央署が行方を捜査しています。
事件直前、男と口論していた様子を近隣住民が聞いており、現場の状況から、福吉香平さんは玄関付近で襲われたと見られる。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:00| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。