2016年01月29日

人面獣身!大田区3歳児暴行死事件、20歳の暴力団組員を逮捕


冷酷無比とはこの男を表す言葉として存在しているかのような、余りにも惨たらしい事件・・・。


27日午前0時過ぎ、東京都大田区大森南3丁目のマンション4階で、3歳になる新井礼人(あやと)ちゃんが心肺停止の状態で見つかり、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された事件で、警視庁大森署は、母親(22)の交際相手で同居していた指定暴力団住吉会系組員・永富直也容疑者(20)を傷害の疑いで逮捕した。

事件は、亡くなった新井礼人ちゃんの母親が27日午前0時5分頃に、「子どもに熱があって反応しない」と119番通報があり発覚。到着した救急隊員に「礼人ちゃんは25日に公園の滑り台から落ちて怪我をした」と話していたが、顔や体にアザがあった事から、母親と同居していた永富直也容疑者から事情を聴いていた。
警視庁大森署によると、新井礼人(あやと)ちゃんは洋間の布団の上で横たわっていた。顔やお尻などに数日以内に出来たと見られるアザがあり、左耳から出血していたと言う。死因は頭部への衝撃だった可能性があると言い、警視庁大森署は、新井礼人ちゃんが暴行を受けた疑いもあると見て死亡の経緯を調べた。


その後の調べで、新井礼人ちゃんは暴行から1日以上経って病院に運ばれましたが、警視庁大森署が母親に詳しく話を聴いた所、「(永富直也容疑者が)これまでにも何回かビンタしていた」と供述。「それは躾けの一環だと理解していた」と話し、暴行後に病院に連れて行こうとしたところ永富直也容疑者に、「暴行の後、礼人ちゃんは38度近い熱を出し、吐いたり失禁したりしていたが、暴行した事がバレるぞ。お前も一緒に居たんだから逮捕されるぞ」などと言われ、更に「永富直也容疑者に公園の滑り台から落ちて怪我したと言え、と指示された」と説明していると言う。

この供述から警視庁大森署は27日、傷害の疑いで、母親の交際相手で、同居する指定暴力団住吉会系組員・永富直也容疑者(20)を逮捕した。永富直也容疑者は「夕食中に自分に『ガンをつけた』ので頭にきた。人生に悔いはない」などと容疑を認めていると言う。
逮捕容疑は、25日午後8時半頃、室内で新井礼人ちゃんの頭や腹を殴ったり蹴ったりするなどして、頭蓋内出血などの大怪我を負わせたとしている。この時、暴行は約1時間続いたと見られる。
警視庁大森署によると、永富直也容疑者は昨年夏頃に母親と知り合い、今年1月8日から3人で暮らしていた。母親は「新井礼人が過呼吸になって痙攣を起こし、暴行が止んだ。途中で止めようとしたが自分も殴られ、出来なかった」などと説明していると言う。

母親は搬送先の病院で、医師に「公園の滑り台から落ちた」と説明したが、診察した医師は、「虐待」の疑いがあると判断。警視庁大森署に通報し、事件が重大事案だと発覚した───。
東京都大田区によると、新井礼人ちゃんは0歳の頃から大田区立の保育園に通い、直近の通園日だった25日の着替えの際、体にアザなどが無かった事を確認している。又、これまでに虐待の相談や通報も無かったと言う。

永富直也容疑者は身長195センチ、体重120キロで、身長1メートルに満たない新井礼人ちゃんに殴る蹴るの暴行を続けた事になる。
怒りに委せた残酷な暴力が幼い子供の生命を奪った!22歳の母親が新井礼人ちゃんを産んだのは19歳頃で、どんな経緯で母子家庭だったのかは分からないが、男にすがる事しか不佞な性格だったとすれば、永富直也容疑者と出会った事で運は尽きてしまったのかもしれない。その巻き添えの犠牲になった3歳の礼人ちゃんが、可哀想で仕方がない───。これで傷害致死罪で罰せられるのなら、それは余りにも不条理としか言いようがない!




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:28| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。