2016年01月04日

横浜市で男性刺殺、32歳知人の男を逮捕



3日午後0時55分頃、神奈川県横浜市瀬谷区南台1のアパート敷地内の駐車場で、「人を刺して殺した」と神奈川県警瀬谷署に通報があった。瀬谷署員が現場に駆けつけた所、アパートに住む会社員・中西淳さん(33)が血を流して倒れており、近くにいた神奈川県横浜市瀬谷区宮沢の土木作業員・竹下主税(ちから)容疑者(32)が自ら、サバイバルナイフで中西淳さんの胸などを刺したと認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
逮捕容疑は同日午後0時40分ごろ、アパートの駐車場で、刃渡り15センチのサバイバルナイフで中西淳さんの胸の辺りを数回刺し、殺害しようとしたとしている。
中西淳さんは搬送先の病院で死亡が確認され、神奈川県警瀬谷署は容疑を殺人に切り替えて調べる。
神奈川県警瀬谷署によると、中西淳さんは竹下主税容疑者と知り合いで、事件現場のアパートに住んでいた。
調べに対して竹下主税容疑者は、容疑を認めた上で、「サバイバルナイフは自宅から持って来た。別れた妻との間の子供に、中西淳さんが手をあげるのが許せず、以前からトラブルがあった」などと供述していると言う。竹下主税容疑者の元妻と、中西淳さんが交際していた事から、詳しい動機などを調べる。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:12| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。