2016年01月03日

愛知県半田市女性2人放火殺人事件、容疑者と見られるペルー人男逮捕


残虐!愛知県半田市に鬼畜現る!

愛知県半田市の県営住宅で部屋が放火され全焼し、この部屋から昨年12月30日、ブラジル国籍の女性2人が殺害され遺体で見つかった事件で、愛知県警は、亡くなったブラジル人女性のワゴン車を無免許で運転していたとして道交法違反の疑いで、知人でペルー国籍の男を現行犯逮捕した。捜査関係者によると、事件当日の夜、男は殺害された女性が借りていたワゴン車を無免許で運転していたと言う。
捜査本部は、ペルー人男性が殺人放火事件について事情を知っていると見て調べている。

事件は・・・昨年12月30日午後2時10分頃、愛知県半田市一本木町2丁目で、4階建て県営西亀崎住宅の一室が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった火災で、司法解剖の結果、遺体にはいずれも首を圧迫した痕があった事が分かった。愛知県警は12月31日、遺体や現場の状況などから殺人放火事件と断定し、愛知県半田署に捜査本部を設置した。
亡くなったのはブラジル国籍でレジャー施設アルバイトの、アマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(27)と25〜35歳ぐらいの女性と見られる。アマリリアさんは北西角の部屋のベッド、もう1人は南西角部屋の床の上で見つかり、首の圧迫痕はノドの骨が折れる程で、他に大きな外傷はなかった。もう一人の死亡していた女性はアマリリアさんの姉と見て身元の特定を急ぐと共に、愛知県警は何者かが2人を絞殺した後、部屋に放火したと見て調べている。

部屋の玄関は無施錠で、遺体周辺が激しく焼けていた。台所から5リットル入りのガソリン携行缶がほぼ空の状態で見つかった。
火災が起きたころ、アマリリアさんの車に知人の男によく似た男が乗り込むのを住民が目撃していた為、手配した所、愛知県警は12月30日夜、愛知県名古屋市内でアマリリアさんのワゴン車を運転していたペルー国籍の男を道路交通法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。ワゴン車には5歳と3歳のアマリリアさんの娘2人も同乗しており、愛知県警が保護した。2人にけがはなかった。

ペルー国籍の男性はアマリリアさんと長年交際し、自宅にも出入りしていた。このため愛知県警は、アマリリアさんをめぐるトラブルなど、何らかの事情を知っている可能性もあると見て、交友関係者の1人として事情を聴くと見られる。ワゴン車を運転していた経緯や、目撃情報との関連についても捜査する。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 13:31| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。