2015年12月29日

故意に盗作?余りに軽率で恥知らず!徳島の巨大絵馬「トリコ」パクった!


マンガキャラ無断使用徳島神社1.jpg


徳島県護国神社(徳島県徳島市雑賀町東開21)に奉納された来年の干支(えと)、サル(申)の巨大絵馬が、漫画家・島袋光年氏の人気作品「トリコ」のキャラクター「猿王・バンビーナ」と酷似しているとインターネット上で指摘され、神社側が撤去を検討していることが28日、分かった。

マンガキャラ無断使用徳島神社.jpg


徳島県護国神社によると、絵馬は縦2.2メートル、横3.6メートルで、徳島で活動する画家MUSTONE(マストワン)さんが制作。2007年から毎年干支を描き、今回9作目だった。
今月23日に奉納し、来年夏まで境内で飾る予定だったが、現在は白い布で覆って見られなくなっている。徳島県護国神社には「似ている」との指摘が数件寄せられたと言う。

「マストワン」さんは神社側に対し、キャラクターをそのまま描いたと認め「出版社などから許可は取っていない」と説明。神社は絵馬の年内撤去も検討。十二支がひと回りする19年までMUSTONEさん制作による作品を飾る予定だったが、徳島県護国神社側は「このような事態となり残念。展示ができるよう出版社などに確認をしてもらっているが、許可が下りない場合は年内に撤去せざるをえない」と話している。

「トリコ」は週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の「食」をテーマとする異色バトル漫画。絵馬のサルは「トリコ」の単行本34巻の表紙に酷似している。MUSTONEマストワンさんは神社側に対し、キャラクターをそのまま描いたと認めている。


様々な所で今年、盗作・パクリ・極似・無断借用・模倣など、オリジナリティの乏しい人達による創造性の限界からか、軽率な作品を堂々と自前と称し、ネットによってさらけ出される事件、事案が多発した。
しかも中途半端にその方面で有名だったりする、一応、そこそこの経歴のある者による確信犯的な所行が目に余る事態となった。
今回の巨大絵馬の盗作は、書いた本人が「キャラクターをそのまま描いた」と認めるなど、誠に悪びれる風もなく、ペンネームのままでコメントし、バレたら事後承諾でいいんじゃないの・・・的な言動は、尋常な画家の成すべき事だろうか・・・!




posted by かえぴょん at 13:41| Comment(0) | 蔓延する都会的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。