2015年12月14日

岐阜県多治見市・交通トラブルで因縁31歳男性撲殺で26歳男逮捕

実際には接触せず、冷やっとしただけで難癖を付け、非難囂々の末、挙げ句には殴り倒し、更に馬乗りになって容赦無い暴行を加え、死亡させると言う凶悪非道!
こんな輩が巷にウジャウジャいるかと思うと、背筋が凍る思いだ・・・恐ろしい!


当初、傷害容疑で逮捕された長屋有一郎容疑者(26)は、「危ないやないか!」と車から降り、男性に因縁をつけたと言う。

13日午前3時15分頃、岐阜県多治見市音羽町の路上で、岐阜県瑞浪市の会社員男性(31)が男に殴り倒され、馬乗りになった男からさらに数回、顔を殴られた。男性は病院に運ばれたが、約11時間後に脳挫傷で死亡した。
通行人の男性が110番し、駆けつけた岐阜県警多治見署員が目撃情報などから近くに住む男を割り出し、傷害容疑で逮捕。その後被害者が死亡した為、容疑を傷害致死に切り替えて調べている。

岐阜県警多治見署によると、逮捕されたのは岐阜県多治見市高田町の土木会社員・長屋有一郎容疑者(26)で、「殴ったのは間違いない」と供述していると言う。
岐阜県警多治見署の発表では、長屋有一郎容疑者は、知人女性(19)が運転する軽乗用車の後部座席に乗っており、車が脇道から国道に入ろうとした所、国道沿いの歩道を友人2人と歩いていた被害者男性と接触しそうになったと言う。長屋有一郎容疑者が「危ないやないか」と男性に因縁をつけ、口論になったと見られ、男性に馬乗りになって顔などを殴り、大ケガをさせた疑いです。男性を殴った後、長屋有一郎容疑者は女性の車に乗って逃走したが、目撃情報などから長屋容疑者を特定し任意同行を求めた。犯行時、長屋有一郎容疑者は酒に酔っていたと言う。
男性(31)は13日午後2時過ぎに脳挫傷により死亡したと言う事で、岐阜県警多治見署は容疑を傷害致死に切り替えて、トラブルになった経緯などを捜査する方針です。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 13:02| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。