2015年12月13日

愛媛県西条市で男性刺され死亡、その場にいた知人男を逮捕

13日午前0時頃、愛媛県西条市洲之内のコンビニエンスストアの駐車場で、知人の男性の腹などを包丁で刺した男が殺人未遂容疑の現行犯で逮捕された。刺された男性が死亡したため、警察は殺人容疑に切り替え調べを進めている。
愛媛県警西条署によると、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、愛媛県西条市安知生(あんじゅう)の会社員・今川弥幸(やすゆき)容疑者(39)で、愛媛県西条市洲之内のコンビニエンスストア駐車場で、愛媛県伊予市の運送会社の社員・福井孝芳さん(37)の腹や胸を包丁で数回刺し、殺そうとした疑い。福井孝芳さんは搬送先の病院で死亡が確認された。福井孝芳さんの死因は出血性ショック死と見られる。

13日未明、コンビニ付近にいた女性から「男の人が血を流して倒れている」と消防に通報があり、駆けつけた愛媛県警西条署員が現場にいた今川弥幸容疑者が、犯行を認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
2人は以前からの知り合いだと言い、今川弥幸容疑者は酒を飲んだ状態だったと言う。
今川弥幸容疑者は「刺したことは間違いない」と、容疑を認めていて、犯行に使用した包丁は近くの田んぼに捨てていた。
愛媛県警西条署は、殺人容疑に切り替えて犯行の経緯や動機などを詳しく調べる方針だ。



posted by かえぴょん at 18:44| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。