2015年11月30日

愛知県みよし市明知町で認知症の夫絞殺、72歳妻を殺人容疑で逮捕

一時期、孤独死とか孤立死が大きく報道された時期があったが、今は家族が居るにも関わらず、その家族に頼れない高齢者の夫婦が増えている。寿命が延びたと言って自慢している県や自治体もあるが、健康で自らの力で動ける高齢者がどれほどいるのだうか?

28日午前8時15分頃、愛知県みよし市明知町団子山の市営住宅で、無職・佐々野丈市(じょういち)さん(73)方で、次男(41)から「父が起きてこないので寝室を見に行くと、布団をかぶったまま口から血を流している」と119番があった。愛知県警豊田署員が駆けつけると、佐々野丈市さんは現場で死亡が確認され、妻の佐々野夏子容疑者(72)が「手で首を絞めた」などと話したため、愛知県警豊田署は殺人容疑で逮捕した。
佐々野夏子容疑者は調べに対し、「手で首を絞めた」と容疑を認めていると言う事です。
愛知県警豊田署によると、佐々野夏子容疑者は夫の佐々野丈市さんと次男の3人暮らしで、次男によると、佐々野丈市さんが認知症だったと話していると言う事で、警察では詳しい動機などについて調べています。

【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:57| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。