2015年11月27日

栃木県下野市の自称祈祷師、糖尿病男児殺害容疑で逮捕


重い1型糖尿病を患う栃木県宇都宮市東原町の小学2年の今井駿君(当時7)へのインスリンの投与をさせず中断し、死亡させたとして、栃木県警は26日、栃木県下野市(しもつけし)小金井の自称・祈祷師の会社役員、近藤弘治容疑者(60)を殺人の疑いで逮捕した。
栃木県警によると、近藤弘治容疑者は今年4月上旬頃、「不治の病を治せる」と今井駿君の両親を信じ込ませ、両親にインスリン投与を止めさせて治療を放置。近藤弘治容疑者は治療と称して、呪文を唱えるなどして、数百万円を受け取っていた。今井駿君はインスリン投与を止められたため、4月27日に栃木県内の病院で衰弱死させた。

その後の捜査関係者への取材で、近藤弘治容疑者が「10年以上前から祈祷で色々な病気を治していた」と供述している事が分かりました。栃木県警は、近藤弘治容疑者(60)が他にも複数の人に同様の手口で近付き、多額の報酬を受け取っていたとみて調べています。

近藤弘治容疑者が昨年8〜9月頃、母親の職場を訪れたのをきっかけに知り合い、その後、昨年11月に今井駿君が1型糖尿病と診断され、翌12月に「不治の病を治せる」と話す近藤弘治容疑者に母親が相談を持ち掛けた。
栃木県警の任意の聴取に両親は、「インスリンの注射を嫌がりかわいそうに思った」と、説明していると言う。栃木県警は両親が何故、近藤弘治容疑者の話に傾倒して行ったのか、そして両親との関係の解明を進める。

<1型糖尿病とは> 膵臓のβ細胞が自己免疫などによって壊れ、血糖値を下げるインスリンが分泌されなくなる病気で、国内の年間発症率は10万人当たり1〜2人で、小児期に起こる事が多いとされる。根治のための効果的な治療法がなく、膵臓移植(脳死移植)を受けるか、生涯にわたって毎日注射などでインスリンを補う必要がある。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:02| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。