2015年11月24日

神奈川県相模原市のローソンで店員刺殺、経営者を逮捕


24日深夜・午前2時35分頃、神奈川県相模原市緑区長竹のコンビニ店「ローソン相模原長竹店」で、「店員の姿が見えず、レジに血痕がある」と男性客から110番があった。警察官が駆け付けた所、店の事務室で、神奈川県相模原市緑区のアルバイト店員・宮川一宏さん(61)が腹部などを刺され、血を流して倒れていた。宮川一宏さんは搬送先の病院で約2時間半後、死亡した。

神奈川県警津久井署は現場付近にいた、神奈川県厚木市温水(ぬるみず)のコンビニ店経営・山田誠二容疑者(62)が血の付いた刃物を所持しており、「店内で私がこれで刺しました」と話した事などから、殺人未遂容疑で緊急逮捕し、容疑を殺人に切り替え調べる。
神奈川県警津久井署によりますと、亡くなった宮川一宏さんは通報のおよそ20分前に腹部を数回刺されたと見られ、調べに対し山田誠二容疑者は「店員との間でトラブルがあった」などと供述していると言う事です。
警察は殺人容疑でに切り替え、動機や詳しい経緯を調べています。

現場はJR横浜線橋本駅から西へ約9キロメートルの幹線道路沿いで、山間に囲まれ、周囲には畑が広がる国道412号線沿い。近くに住む60歳代の女性は「普段は静かな場所なので驚いている」と話していた。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:21| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。