2015年11月23日

愛知県名古屋市南区で70代男性刺殺される、無職の59歳男を殺人容疑で逮捕

22日午後5時10分頃、愛知県名古屋市南区本城町2の路上で、「男が包丁を振り回している」と110番があった。愛知県警名古屋南署員が駆けつけると、70歳ぐらいの男性が胸を刺されて倒れており、近くのアパート敷地内にいた自称無職・川崎文雄容疑者(59)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。刺された男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

70歳代の男性の胸には複数の刺された傷痕があり、死因は失血死。愛知県警名古屋南署は、男性がこのアパートの住人と見て、身元の確認を進めている。現場付近で凶器とみられる包丁が押収されており、司法解剖して凶器の特定を急ぐ。また逮捕後に男性が死亡したため、川崎文雄容疑者に対して、容疑を殺人未遂容疑から殺人容疑に切り替え、刺殺に至った経緯などを取り調べる。
川崎文雄容疑者はアパート敷地内で男性の胸を包丁で刺して殺そうとしたとされ、逮捕容疑について「間違いありません」と、容疑を認めている。

近くに住む男性(75)らによると、川崎文雄容疑者と死亡した男性は同じ敷地内にあるアパートの住人同士で、顔見知りだったと見られる。以前から女性を巡る三角関係のトラブルがあったと見られ、たびたび目撃されており、前日の21日にもアパート前にパトカーが駆けつけたと言う。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:10| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。