2015年11月16日

三重県四日市市で山口組直系幹部殺害される

15日午後5時40分頃、三重県四日市市浜田町の住宅で、指定暴力団山口組愛桜会の菱田達之会長(59)が、頭から血を流して死亡しているのを妻が見つけ119番した。鈍器などで殴られた可能性があり、三重県警は殺人事件の疑いがあるとして捜査を始めた。
菱田達之会長は「直参」と呼ばれる山口組直系幹部。三重県警は、山口組の分裂騒動が背景にある可能性もあると見て調べている。この住宅は菱田達之会長の別宅として使われていた。
三重県警によると、組員が15日昼頃、菱田達之会長を別宅に車で送り届け、午後4時頃に再び訪ねた際は連絡が取れなかった。不審に思った組員が菱田達之会長の妻と共に合鍵を持って、三重県四日市市浜田町の4階建てビルの別宅を訪問。玄関上がり口で頭から血を流して倒れている菱田達之会長を発見した。既に意識はなかったと言う。
現場は近鉄四日市駅から南東に数百メートルの住宅地の一角。近くにある駐車場の警備員男性(60)は「午後6時頃から救急車やパトカーが集まって騒然としていた。朝から駐車場にいたが、悲鳴や物音などは聞こえなかった。山口組の分裂と関係があるのかどうか心配」と話した。

その後の三重県警への取材で、菱田達之会長は発見された時、手足を縛られていたことが新たに分かった。また頭に殴られたような痕が複数あり、近くには鉄パイプもあったと言う事です。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:18| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。