2015年10月26日

激安中国製マニキュアから発がん性物質、ダイソー自主回収


ダイソーのマニキュアから発癌性物質.jpg

100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)は、8月から全国で販売しているマニキュア『エスポルールネイル』から、発がん性物質で化粧品への配合・使用が禁止されている「ホルムアルデヒド」が検出されたとして、自主回収を始めた。
「ダイソー」を運営する大創産業によりますと、メーカーが行った検査で、化粧品への配合が法律で禁じられている、発がん性物質「ホルムアルデヒド」が、色や素材の異なる148種類の商品のうち76種類から検出されたと言う事です。この為、今月22日に148種類全ての商品の販売を中止し、回収を始めました。
ダイソーのマニキュアから発癌性物質1.jpg


また、この商品の利用者から「手が荒れた」とか「爪が変色した」といった訴えがこれまでに数十件、寄せられていると言う事で、大創産業では商品を最寄りの店舗に持ち込むか、相談窓口に電話するよう呼びかけています。

ダイソーのマニキュアから発癌性物質2.jpg

この商品は、大阪市にある化粧品メーカーから576万個を仕入れており、この化粧品メーカーが中国の工場で製造したもので、原因は調査中だということで、大創産業は、「お客様に多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりおわびします」としています。
相談窓口の電話番号は、大創産業のお客様相談室フリーダイヤル0120-152-206で、日曜日と祝日を除く午前9時から午後6時まで受け付けています。


農薬の次は発がん性物質とは・・・。
無くなりませんね〜〜中国製の粗悪商品の輸入。中国人が自国の製品に信頼を持てないから、日本で高品質の製品を“爆買い”して行くのでしょうけど、逆に日本が中国から激安粗悪品を輸入していると言う、何とも愚かで、見窄らしい逆転状態になってますな。侘びしい・・・。




posted by かえぴょん at 14:31| Comment(0) | 需要なく粗放品で滅ぶ国内企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。