2015年10月21日

「スイートぽてと」にカビ、徳島の菓子会社1万個超自主回収

徳島県は21日までに、徳島県つるぎ町の菓子製造会社「栗尾商店」の商品「スイートぽてと」の一部にカビが見つかったとして、栗尾商店が約1万1600箱の自主回収を始めたと発表した。これまでに健康被害は確認されていない。徳島県によると、対象は「スイートぽてと(和三盆)」「スイートぽてと(大納言)」「スイートぽてと(塩)」で、賞味期限が2015年10月20日から同年12月1日までの商品。
徳島空港や徳島県内の土産物店で販売されていた。徳島県がこれまでに確認した流通先は東京など11都道府県で、調査によって増える可能性もある。

19日午後6時ごろ、茨城県から徳島県に「カビが生えていると苦情があった」と連絡が入った。カビが見つかった商品の袋の一部が密閉されずに開いており、原因と見られると言う。

問い合わせは栗尾商店、電話0883(62)2715。
記事引用元: http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/10/21/kiji/K20151021011360120.html(スポニチ)
http://mainichi.jp/select/news/20151021k0000m040133000c.html(毎日新聞)


徳島県では9月にも徳島県徳島市国府町の「佐藤製菓」が製造した『餅入りもなか』の一部にカビが生えているのが見つかり、100万個以上を自主回収している。



posted by かえぴょん at 13:38| Comment(0) | 需要なく粗放品で滅ぶ国内企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。