2015年10月13日

神奈川県小田原市コンビニ前の撲殺事件、傷害致死容疑で近くの23歳男逮捕


神奈川県小田原市久野のコンビニ「サンクス久野店」前の路上で、10月11日午前4時45分頃、近くに住む薦野(こもの)英男さん(57)が頭部から大量の血を流して倒れているのを通行人の男性が発見し、薦野英男さんは病院に運ばれたものの意識不明の重体となっていたが、12日朝、搬送先の病院で死亡した。
この事件で神奈川県警小田原署は12日、現場近くに住む自称塗装工・遠藤真宏容疑者(23)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。遠藤真宏容疑者は容疑を認めていると言う。

神奈川県警小田原署によると、11日午前4時35分頃、遠藤真宏容疑者はコンビニエンスストア前の路上で、薦野英男さんと交通上のトラブルになり、顔面を殴り、足で踏みつけるなどして、顔面骨折や脳挫傷の重傷を負わせ、死なせた疑いがある。12日午前11時すぎに、遠藤真宏容疑者が友人らに付き添われて出頭。遠藤真宏容疑者は薦野英男さんとは面識がなかったと話していると言う。

コンビニの防犯カメラには事件前、薦野英男さんが1人で買い物をしている様子が映っており、店の前には薦野英男さんの物と見られる軽自動車がエンジンがかかった状態で見つかった。薦野英男さんはジャージー姿で、財布と携帯電話を持っていたと言う。警察は、動機などを詳しく調べている。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:59| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。