2015年09月15日

埼玉県熊谷市で50代夫婦血まみれ刺殺体見つかる


14日午後6時5分ごろ、埼玉県熊谷市見晴町、職業不詳、田崎稔さん(55)方で、田崎さんと、妻の美佐枝さん(53)が2階で血を流して倒れているのを訪ねてきた友人のパートの女性(55)が見つけ、110番通報した。2人は救急車で同市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
熊谷署の調べでは、2人は上半身に傷があった。同署は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査を始めた。
友人は田崎さんが電話に出なかったのを不審に思い訪ねたという。
現場は秩父鉄道上熊谷駅の西側にある住宅街。

関東が台風と秋雨前線の集中豪雨で壊滅的被害に直面し、報道が災害一色になり、悪夢の週が開けた14日(月)、埼玉・熊谷市の住宅で50代夫婦が刺殺されると言う凄惨な事件が起こった─────。

14日午後6時5分頃、埼玉県熊谷市見晴町の職業不詳・田崎稔さん(55)方で、田崎さんと、妻の田崎美佐枝さん(53)が2階で上半身から血を流した状態で倒れているのを、訪ねてきた友人のパートの女性(55)が見つけ、110番通報した。2人は救急車で熊谷市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
埼玉県警熊谷署の調べでは、2人の胸などに複数の刺し傷があったため、事件に巻き込まれたと見て、殺人事件を視野に捜査を始めた。15日以降、2人の遺体を司法解剖して詳しく死因を詳しく調べるとともに、周辺で不審な人物が目撃されていなかったか捜査する。

熊谷50代夫婦殺害事件.jpg

田崎さん夫婦のパートの知人女性(55)が、田崎さん宅に電話した際、電話に誰も出なかったのを不審に思い、同じ敷地に住んでいる美佐枝さんの父親とともに部屋の中を確認した所、2階に倒れている2人を発見したと言う。
ご近所の女性は「稔さんは穏やかな人で、去年大雪が降った際に壊れた雨どいの様子を見てくれた」と、驚いた様子で話した。また、別の近隣女性は「美佐枝さんは面倒見のいい人で、毎年、地元のうちわ祭りに参加する社交的な人。2、3日前にも国勢調査で近所を回っているのを見かけ、挨拶をしたばかり。変わった様子はなかったのに」と声を震わせた。

現場は秩父鉄道上熊谷駅の西側約600メートルの住宅街で、近くに荒川が流れている。付近には市立の小中学校などがある所。







【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:55| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。