2015年08月24日

千葉県船橋市の路上で喧嘩、会社員死亡!傷害致死で3人逮捕

23日午前1時25分ごろ、船橋市前原西の路上で「5、6人が殴り合っている」と通行人の女性から110番通報があった。千葉県警船橋東署員が駆けつけると船橋市田喜野井の会社員・田中雅人さん(31)が頭から血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
千葉県警船橋東署は23日、傷害の現行犯で千葉県習志野市谷津の自称会社員・北尾翔(27)と、自称・千葉県船橋市田喜野井の無職・新井直基(26)の両容疑者を逮捕した。更に傷害致死容疑で現場から逃走していた千葉県習志野市本大久保の自称会社員・宮崎貴嗣容疑者(26)を逮捕。北尾翔、新井直基両容疑者についても傷害致死容疑に切り替えて調べている。千葉県警船橋東署によると、北尾翔、新井直基両容疑者は「何もしていない」などと容疑を否認している。傷害致死での逮捕容疑は23日午前1時から約20分間、田中雅人さんを殴ったり蹴ったりして傷害を負わせ、死亡させたとしている。

現場はJR津田沼駅に近い、飲食店などが建ち並ぶ地域。千葉県警船橋東署によると、田中雅人さんと北尾翔容疑者らは双方ともグループで飲酒しており、面識は無かったと見られている。

2015/8/23 17:30 J-CASTニュース今年末に決まる2016年度の税制改正で、チューハイやハイボールが増税になる可能性が出てきた。政府はビールの酒税を下げる一方、発泡酒と第三のビールは上げて350mlあたり55円に統一することを昨年から検討中。ここにきて第三のビールと税額が同じチューハイやハイボールも併せて増税する案が浮上している。日本酒やワインも含めた抜本的な酒税見直しの議論に発展する勢いだ。
【発泡酒や第3のビール、大幅値上げになるかも ビール類酒税の見直し論議、年末にかけて本格化】
http://www.j-cast.com/2015/08/23243141.html


タバコは明確に身体に害を与え、周囲の人にも副流煙として有害であるとして、タバコ税が大幅に引き上げられた。嗜好品ではあるものの、増税を機に禁煙した人も多いと言う。
しかしタバコと同じように身体に害を与え、更に毎日のように飲酒運転による事故が相次ぎ、酔っ払いが電車で他人に絡み、酸っぱい息で話し、道ばたや通路でゲロし迷惑を掛け、家では暴力的に変貌する。糖尿病、肝臓病の最も大きな原因とも言われ、迷惑甚だしい酔っ払い。
見知らぬ者同士が、単純な理由から喧嘩を始め、悲劇的な結果をもたらす事も多い。

今回の事件が正に、その飲酒によって人格が凶暴化した典型である。
酒類の価格が高ければ、人格が変容するまで飲まなかったかもしれないし、理性を制御出来たかもしれない。しかし酒好きは安い酒で、身体をアルコールでドップリと満たし、ひとときの開放感に浸るのだろう・・・。
だが程度を越えると今回のような殺人事件(傷害致死)にまで突き進む、恐ろしい結末が待っている。

酒を飲んで、人を死に至らしめる事の重大性が、これまでの刑罰の軽さから注意を向けられて来なかった。
一部の酒類であっても、増税になり値上げされれば、こうした酒に酔った上での暴力沙汰や飲酒運転、傷害事件や悲惨な死亡事件が減少するかもしれない・・・。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:33| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。