2015年07月31日

重り付いた女性遺体、神奈川・小網代湾で発見〜殺人事件で捜査


29日午前10時半頃、神奈川県三浦市小網代(こあじろ)湾内で、地元の男性から「ビニールシートのようなものにくるまれた人のような物が浮いている」と神奈川県警三崎署に通報があり、引き揚げたシートの中から女性の遺体が見つかった事件で、死因は溺死で、生きた状態のまま、海に沈められたと見られる事が判明しました。遺体は茶色のシートにくるまれ、ロープで巻かれた状態で海面に浮いており、ロープの端にはブロック片のような重りが付けられていた。

神奈川県三浦市女性溺死殺人事件.jpg

司法解剖の結果、女性は30〜40歳代くらいで、28日頃に死亡したと見られ、外傷はなかった。捜査関係者によると、女性の身長約170センチメートルで、29日に遺体が見つかった際は、両足を抱えた体育座りのような状態でシートにくるまれ、その上からロープで縛られコンクリートの様な重りが付けられていた。
神奈川県警は殺人事件と断定し、捜査本部を設置。既に岸壁などから複数の指紋と足跡を採取していて、身元の確認を急ぐと共に、聞き込みなどを中心に捜査を行っている。

現場は神奈川県三浦市初声町下宮田にある京浜急行三崎口駅から南西に約1.8キロの漁港で、湾内は潮の流れもなく非常に穏やかで、釣り客が多い所ですが、地元の人以外が訪れる事は少ない場所だと言う事です。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 12:44| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。