2015年07月19日

愛知県日進市の男性刺殺事件、強盗殺人容疑で17歳の男子高校生逮捕

愛知県日進市梅森町の路上で今月12日、近くに住む自治会長の川村典道さん(65)が殺害されショルダーバッグを奪われた事件で、愛知県警特別捜査本部は19日未明、日進市内に住む高校3年の男子生徒(17)を強盗殺人の疑いで逮捕しました。川村さんを殺害した事を認めているが、強盗については否認している。
逮捕容疑は12日午後8時20分から35分ごろの間、日進市梅森町上松の歩道上で、川村典道さんの顔や首などを刃物で複数回突き刺すなどして失血死させ、現金約6000円などの入ったショルダーバッグを奪ったとしている。殺害の動機については明確な供述をしていないと言う事だ。
愛知県日進市男性殺害事件で高校3年生を逮捕.jpg

捜査本部によると、川村典道さんは事件直前に近くのコンビニエンスストアで買い物をしていた。コンビニの防犯カメラの映像には、店を出た川村さんを、店外にいた男が追い掛けて行くような様子が映っていたという。この映像と、聞き込みなどから男子生徒が浮上。18日午後に任意同行を求め、事情を聞いた。
供述に基づいて捜索したところ、現場から数百メートル北の草むらで川村さんの物とみられるショルダーバッグが見つかったため、逮捕に踏み切った。凶器については「ナイフを使った。逃走中に投げ捨てた」と話しているといい、県警が捜索を続けている。
また捜査関係者への取材で、逮捕された高校生が「男性と面識はなかった」と供述している事がわかった。

残忍冷酷な強悪事件の低年齢化が急速に進行している・・・。
犯した事の重大さに全く反省の陰すら見せず、12日の凶行から逮捕までの6日間、平然と暮らしていたかと思うと、この高校3年生(17)の図太い神経と怖いもの知らずのふてぶてしい精神は、もはや未成年扱いの罪状では、殺された男性の無念や家族の悔しさを考えると、少年法で擁護する意味を成さない。この高校3年生の家族はこの事態を何んと言い訳するのだろうか?
選挙権も18歳に引き下げられた事だし、1日でも早く少年法の改正を望むしかない。

そして願わくば、この高校3年生には一生涯、刑務所の中でこれからの長い人生を暮らしてもらいたい。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:46| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。