2015年07月01日

新幹線"焼身自殺”放火事件、2人死亡、芸能人も足止め


6月30日東京発新大阪行き東海道新幹線「のぞみ225号」の先頭車両で、神奈川県小田原市を走行中、乗客の男が油のような液体を自分の体にかけて火をつけていた。男は全身火傷を負って死亡し、乗客の女性1人が煙を吸って死亡するという衝撃的な事件が起こった。車両は神奈川県の新横浜駅と小田原駅の間で緊急停止した。
神奈川県警によると、焼身自殺を図ったのは東京都杉並区の林崎春生容疑者(71)で、煙を吸って亡くなった女性は神奈川県横浜市の整体師・桑原佳子(52)さんと確認されました。


国土交通省によると、鉄道営業法は危険物の持ち込みを禁止している。ただ可燃性液体は一部を除き、三キロ以下なら手回り品として省令で例外的に持ち込みを認めている。
しかし今回は男がリュックサックの中にタンクを入れて持ち込んだとの情報もあり、これらを完全に防ぐ術は今の所無い。
海外の高速鉄道では、英仏両国を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」が、駅で乗車時に所持品検査を行っている。海外では列車を狙った爆弾テロや、地下鉄での爆弾テロなどがあり、利便性より安全最優先で手荷物検査を実施している所もあり、国土交通省でも手荷物検査の導入を検討したことがあるが、海外より遙かに発着間隔が短く、しかも1編成の乗客数が1000名を越える新幹線では、乗客の利便性の低下などを理由に見送られて来た。

新幹線での車内での焼身自殺による延焼火災としては、1964年の開業以来初となる「車両火災死亡事故」と認定し、国土交通省・運輸安全委員会が詳細な調査が必要かどうか判断するが、気道熱傷などで25人が負傷するという、新幹線で起きた事件や事故としては、過去最悪の被害となった。

過密なダイヤで運行されている東海道新幹線は、利用客の善意と良心によって成立していると言っても良く、危険物持込は電光掲示板での「注意喚起」と乗務員の巡回に頼っている。だが、新幹線の乗客は金属探知機を通らず、危険な液体などを含め持ち物検査も無い。乗客が故意に危険物を隠して持ち込もうと思えば、防ぐ手立ては全くない。

地上とは言え、高速で走る密室は航空機と同じ状態になり、一度車内で火災が発生すると煙が充満・・・乗客は呼吸困難に陥る。例え消火器で消火しても、停止しドアを開けない限り黒煙は容赦無く自動ドアを通じて、車両全体に広がってしまう。


乗客の道徳心に頼って過密運行と手荷物検査無しを実施して来た新幹線は、ここでどんな行動と対策を講じるのか?
油の持ち込みがペットボトル等でも可能となると、自由席150%のような繁忙期にはとても出来そうにない。そうなるとやはり霧状噴霧のミスト・スプリンクラーか・・・。
排気口.jpg

天井に煙感知の強制排気ベントを設置して、新幹線の天井がパカっと開いてファンが回って煙を外に排気するとか・・・。



この火災で多くの芸能人も移動に影響を受けたらしい。
愛知SKE48劇場で同日行われる公演の出演メンバー、東李苑(18)北川綾巴(16)山内鈴蘭(20)の3人が名古屋市栄で6月30日に行われた公演を休演。
女性デュオ「花*花」のこじまいづみ(39)は事件が起きた車両の直後の車両に乗っていて足止め。
上り線小田原駅付近で車両が緊急停車した、さかなクン(39)は生出演するはずだったラジオに出られず、電話で現場から報告したと言う。
お笑いタレント・ほっしゃんは米原駅で足止め。
清水翔太も、30日の開催地である兵庫県・神戸国際会館こくさいホールに向かう途中でストップで足止め。
他にもお笑いタレントの森脇健児にAMEMIYAも影響を受けたとTwitterなどで報告している。




posted by かえぴょん at 16:29| Comment(0) | 蔓延する都会的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。