2015年06月29日

さすが東京都太っ腹、新国立競技場の総工費は2520億円

2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備を担う主要組織のトップによる調整会議が29日、東京都内で開かれ、下村博文文部科学相はメーン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の整備方針について、総工費を2520億円とし、2019年5月の完成を目指すことを報告した。

新国立競技場の整備費2520億円は、近年開催された夏季五輪のメーン会場や国内の主要スタジアムと比べて群を抜く高額となる。


収容人数は同規模の8万人(仮設席を含む)とされている新国立競技場でコスト高の要因となっているのが、長さ370メートルの鋼鉄製の「キールアーチ」2本で屋根を支える特徴的な構造。加えて、文部科学省の担当者は「東日本大震災からの復興需要などに伴う原材料費や人件費の高騰、消費増税といったやむを得ない事情がある」と説明。
ロンドンのスタジアムは五輪後、サッカーチームの本拠地に改修する工事が行われ、約530億円の追加費用がかかる見通し。日本スポーツ振興センター(JSC)幹部はこうした点を踏まえて、「過去の大会のスタジアムなどとの単純な比較はできない」と。ただ新国立競技場でも、五輪後に設置を先送りする開閉式屋根の工事などで費用はさらに膨らむ可能性がある。


しかし東京都が立候補して獲得したオリンピック開催地の権利。さすが太っ腹ですな。
何せ東京都と言えば、泣く子も黙る
『国から地方交付税の交付を受けずに独自の財源で運営できる、唯一の都道府県』ですから・・・しかも6年連続!
新国立競技場整備費2520億円のうち、500億円の負担と言われても苦笑いで終わり、「仕方ないですねぇ」と言ってしまいそうだから、いやはや凄いじゃないですか! まさに東京都様々ですな。





posted by かえぴょん at 18:21| Comment(0) | メディア騒ぎ過ぎ-- あたふたする大都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。