2015年06月26日

山形で死体遺棄事件、岡山で死体損壊遺棄事件


山形市内の山林に遺体を埋めたとして、25日夜遅く、20代の男3人が逮捕されました。
逮捕されたのは、山形県上山市の無職・大槻一亮容疑者(25)ら3人です。大槻容疑者ら3人は、山形市八森の山林に遺体を埋めた疑いが持たれています。大槻容疑者らの知人で山形市内に住む29歳の男性の行方が去年10月末から分からなくなり、警察が捜査していました。3人は容疑を認めていて、供述通り、25日に山林から一部白骨化した遺体が見つかりました。警察は、遺体が行方が分からなくなっていた男性とみて身元の確認を進めています。



【遺体を切断・焼却し遺棄、男2人逮捕 岡山】

北海道札幌市の金融業の男性の遺体を切断して焼却、岡山県内の河川に捨てたとして、東京都と岡山県津山市の会社役員2人が死体損壊などの疑いで逮捕された。
北海道警は、いずれも会社役員で、東京都豊島区上池袋2丁目の桜田充容疑者(32)と、岡山県津山市下横野の大国慎治(50)容疑者を死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕したと、25日発表した。北海道警は、両容疑者の認否を明らかにしていない。
札幌死体焼却事件.jpg

道警によると、桜田、大国両容疑者は昨年8月29日から9月10日までの間、岡山県内の大国容疑者が所有する土地で、札幌市中央区南14条西8丁目の金融業・工藤幸史さん(当時45)の遺体を隠した後、刃物で切断して焼却、岡山県内の川などに捨てた疑いが持たれている。
北海道警と岡山県警の捜査の結果、工藤さんの遺体の一部が岡山県内で発見されたことから2人を逮捕した。
道警は、両容疑者が男性の殺害にも関わったとみて調べている。

札幌死体焼却事件1.jpg

調べによると、東京都の櫻田容疑者は被害者の工藤さんから金を借りていて、岡山県の大国容疑者は櫻田容疑者から数百万円を借りていたという。道警は25日、札幌南署に岡山県警との合同捜査本部を設置。事件の背景に金銭トラブルがあったとみている。
工藤さんは8月29日ごろに行方不明になり、家族が8月31日に道警へ捜索願を提出。道警が捜査したところ、最近になって岡山県津山市内で人骨とみられるものが発見され、鑑定を続けているという。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:57| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。