2015年04月21日

広島県福山市の事務所に男性刺殺遺体─殺人容疑で捜査 

20日午後9時15分頃、広島県福山市新市町の衣料品卸売り会社の倉庫を兼ねた事務所の前で、「夫が帰ってこない。会社の中にいるかもしれない」と女性から通報がありました。現場に駆けつけた警察官が、午後9時35分ごろ広島県福山市新市町新市の衣料品関係の倉庫兼事務所1階にある作業場で、この事務所で働く清水弘裕さん(51)=同県府中市土生町=が床にうつぶせに倒れて死亡しているのを、県警福山北署員らが見つけた。男性の胸に刺し傷のようなものがあり、県警は殺人事件と断定し、捜査本部を設置した。

県警によると、男性は20日朝、自宅から出勤。
妻が同日午後9時15分ごろ、「夫が帰ってこない」と110番し、警察官と一緒に事務所を訪れた。清水弘裕さんは仕事用の作業着姿で、争った様子はなかった。福山北署は、事務所の施錠の有無など当時の状況を詳しく調べる。
現場の建物は一部3階の2階建てで、1階しか使っていなかったという。
警察は殺人事件と断定し、70人態勢で捜査しています。



今更言うまでもないが、またまた広島県で惨たらしい殺人事件が起こってしまった。
人を殺す事しか教わって来なかったとしか言いようがない残虐非道な県民気質が、恐ろしい凄惨な事件の連鎖を招いているとしか言いようがない・・・。





posted by かえぴょん at 16:49| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。