2019年04月06日

愛知県豊田市の山中から暴行され死亡したと見られる女性遺体、37歳と34歳の女を死体遺棄罪で起訴


愛知県豊田市31歳女性暴行死体遺棄3.jpg
名古屋地方検察庁は4月4日、今年2月、愛知県豊田市の山林山中から愛知県名古屋市天白区の職業不詳、犬飼幸子さん(31)のご遺体が見つかった事件で、愛知県稲沢市の清掃作業員・門田典子容疑者(37)と、愛知県名古屋市中区の無職・石川一代容疑者(34)の両名を死体遺棄罪で起訴した。
愛知県豊田市31歳女性暴行死体遺棄2.jpg

起訴状によると、門田典子被告と石川一代被告は2月4日頃、犬飼幸子さんのご遺体を石川一代被告の自宅から車で、愛知県豊田市内の山林まで運び、山中に遺棄した死体遺棄の罪に問われています。
捜査関係者によると、犬飼幸子さんは石川一代被告の愛知県名古屋市中区の自宅で暴行を受け、死亡したと見られています。
愛知県豊田市31歳女性暴行死体遺棄1.jpg

逮捕前、風俗店店員だった門田典子被告と共に逮捕された際、「犬飼さんに暴行を加え、その後死亡した」と言う趣旨の供述をしており、司法解剖の結果、犬飼幸子さんの死因は硬膜下血腫による外傷性脳障害で、頭に強い衝撃を受けた可能性がある他、顔や腕、脚にも皮下出血があった。
逮捕後の聴取で、門田典子被告と石川一代被告は、いずれも遺棄容疑を認め「(ご)遺体は石川一代容疑者宅から搬出し、車で遺棄現場まで運んだ」と供述している。
愛知県豊田市31歳女性暴行死体遺棄.jpg

愛知県警中署は、犬飼幸子さんが死亡した経緯についても2人が事情を知っている可能性があると見て、引き続き捜査する方針です。
愛知県警中署に2月24日逮捕された後、犬飼幸子さんの死後に、口座から現金13万円を引き出して盗んだとして、3月15日に窃盗容疑で再逮捕されている。今回の起訴では、窃盗罪について名古屋地方検察庁は処分保留とした。




posted by かえぴょん at 17:03| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする