2017年09月20日

埼玉県所沢市で障害ある55歳弟を殺害後に兄自殺…(心中)殺人容疑で死亡兄を書類送検へ

19日朝07時30分頃、埼玉県所沢市上山口の住宅2階の部屋で、障害のある55歳の弟と、60歳の兄が血を流して倒れているのを母親(82)が発見、警察に通報しました。2人は病院に運ばれましたが、いずれも死亡が確認された。
埼玉県所沢市で兄が弟を殺害後自殺.jpg
埼玉県所沢市で兄が弟を殺害後自殺1.jpg

埼玉県警は現場の状況などから、兄の会社員・山ノ内巧容疑者(60)が弟の職業不詳、山ノ内豊さん(55)を包丁で刺して殺害したあと自殺したと見て、詳しい状況を調べています。埼玉県警によると、2階の部屋で山ノ内豊さんは布団が掛かった状態でベッドに横たわっていて、胸に包丁が刺さっていた。また、床に倒れていた山ノ内巧容疑者の胸にも刺し傷があり、近くに別の包丁が落ちていた。2本の包丁は、家の台所にあったものと見られる。
埼玉県所沢市で兄が弟を殺害後自殺2.jpg
埼玉県所沢市で兄が弟を殺害後自殺3.jpg
山ノ内豊さんには障害があり、平日は、埼玉県所沢市内の障害者施設で過ごし、週末などは自宅で過ごしていたと言う事です。
普段、山ノ内巧容疑者は母親との2人暮らし。山ノ内豊さんは、19日に施設に戻る予定だった。
埼玉県警は、無理心中と見て、詳しい状況を調べ、容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針です。




posted by かえぴょん at 17:31| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。