2017年09月08日

青森県五所川原市の市営団地で50歳母親刺殺…23歳息子を殺人容疑で逮捕


青森県五所川原市の団地で母親殺害事件1.jpg
6日早朝04時10分頃、青森県五所川原市(ごしょがわらし)みどり町1丁目にある市営団地の一室で、この部屋に住むスナック経営の対馬(正しくは旧字体:對馬)美千代さん(50)が、首から血を流して倒れていると、対馬美千代さんの20代の娘から119番通報があった。青森県警五所川原署員が駆け付けると、対馬美千代さんはアゴの下あたりを刃物で刺され、間もなく搬送先の病院で死亡した。司法解剖の結果、対馬美千代さんの死因は、刃物で刺された事による失血死と判明。
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件.jpg
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件2.jpg

事件後、一時逃走した息子で無職の対馬純也容疑者(23)を、6日07時00分前、自宅から約3キロメートル離れた青森県五所川原市中心街の路上で、青森県警の警察官が身柄を確保して事情を聴いていたが、6日午後、対馬純也容疑者を殺人容疑で逮捕した。対馬美千代さんは、対馬純也容疑者と20代の娘の3人暮らし。
対馬美千代さんの傷が1か所である事や、抵抗する際にできる傷が無い事などから青森県警五所川原署は、対馬純也容疑者が突然、対馬美千代さんを正面から刺した可能性が高いと見ています。

青森県五所川原市の団地で母親殺害事件3.jpg
捜査関係者によりますと、対馬純也容疑者は自身の就職について口論になり、「カッとなって刺した」と当初は容疑を認めていましたが、その後「やっていない」と、供述をひるがえすなど、曖昧な受け答えを繰り返していると言う事です。青森県警五所川原署は、對馬純也容疑者の身柄を青森地方検察庁弘前支部に送り、責任能力の有無も含めて詳しい経緯を調べる事にしています。
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件4.jpg

現場はJR五所川原駅から南へ約3キロメートルの集合住宅が立ち並ぶ一角。




posted by かえぴょん at 00:41| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。