2017年06月06日

戦慄!59年ぶり!広島女児投げ落とし…殺人未遂で中3男子逮捕!

広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕.jpg
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕1.jpg
広島県警三原署は6日、広島県三原市の複合施設スポーツセンター「三原リージョンプラザ」2階から女児(5)を投げ落とし殺害しようとしたとして、広島県三原市立中学3年の男子生徒(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。広島県警三原署によると、女児(5)は顎の骨を折る3週間の重傷。2人は面識が無く、男子生徒(14)は「女の子が纏わりついて腹が立った」と、容疑を認めているが、殺意は否認していると言う。
「三原リージョンプラザ」の関係者によると、男子生徒(14)は現場で、警察官に「大変な事をしてしまった。反省している」と、話していたと言う。
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕2.jpg
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕3.jpg

広島県警三原署の発表によると、逮捕容疑は5日18時15分頃、広島県三原市円一(えんいち)町の複合施設スポーツセンター「三原リージョンプラザ」の本館2階から、抱き上げた女児(5)を約6メートル下の1階に投げ落として殺害しようとした疑い。女児(5)は顎の骨を折るなどの重傷。
男子生徒(14)は特別支援学級に通っており、女児(5)と面識は無かったと言う。事件直前、1階で女児(5)が男子生徒(14)の足に纏わりつく様子が目撃されていた。
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕4.jpg




【特別支援学級】に通っているからとバカにするな! と言う声や、知的障害や発達障害等があるからと特別視しないで欲しい! と言う声は至極当然の事ではあるけれど、こういう犯罪行為が起こった時だけ発達障害や情緒障害を理由に、相当量の減刑が為される事が、腑に落ちないのです。
現在、これほど知的障害や発達障害等によって【特別支援学級】に通っている子供が多くなっているにも関わらず、犯罪を起こすと常に『特例』扱いとなる。
障害の程度によって等級が決められているのに、法律は知的障害や発達障害等のある人を裁く法律が規定されず、毎回、事例ごとに判断が異なるのは被害者にとっては、この上ない不平等!
立法府と国会の怠慢としか言いようがない! これからもこうした突発的な犯罪は増えるぞ!


59年前の卑劣な事件とは……
昭和33年(1958年)5月12日【中2カッとして幼児殺人】広島県で、当時中学2年生(14)の男子が男児(6)を殺害。男児が造っていた砂山を中学2年男子が蹴飛ばした為、男児から悪口を言われ、カッとして頭を竹で突いて転倒させて失神させ、処置に困って林に運んだが、まだ生きていると気づいてこれ以上苦しまないように殺そうと石で頭を殴って殺害。
 こう言う事件、無い所では全く無いし、起こる所では似たような事件が起こる。




posted by かえぴょん at 15:34| Comment(0) | 少年法を盾にする非道徳的若者たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い