2017年03月29日

大阪市西成区で中3女子刺殺、同居の男性は首吊り自殺…心中殺人か


大阪西成区中3女子殺害男性自殺.jpg
28日18時45分頃、大阪府大阪市西成区天下茶屋(テンガチャヤ)2丁目のマンション3階の一室で、帰宅した母親(39)から、「家で娘が血を流して倒れている」と、知人を通じて119番通報があった。大阪府警西成署員が駆け付けると、女性の長女で中学3年の女子生徒(15)が、ベッドの上で胸に包丁2本が刺さった状態で倒れているのを発見。同じ部屋で、女子生徒の交際相手である21歳のベトナム国籍と見られる男性が、ベルトの様な物で首を吊ってぐったりした状態で倒れており、2人は病院へ運ばれたが、間もなく搬送先の病院で死亡が確認された。
大阪西成区中3女子殺害男性自殺1.jpg

大阪西成区中3女子殺害男性自殺2.jpg

大阪府警西成署によると、ベトナム国籍の21歳男性は、女子生徒(15)とその両親と同居していたと言う事です。21歳男性と中学3年の女子生徒は交際していたと言う。部屋に物色されたような跡が無い事などから、大阪府警西成署は、2人に何らかのトラブルがあり、男性が女子生徒を刺した後に自殺を図ったと見て調べている。



posted by かえぴょん at 16:19| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

福岡県苅田町で高1男子刺され死亡…交際高1女子を殺人未遂から殺人容疑へ


福岡県苅田町高1男子殺害で高1少女逮捕0.jpg
福岡県京都郡(みやこぐん)苅田町(かんだまち)で今月1日、高校1年の少女(16)が交際相手で福岡県京都郡苅田町の高校1年の竹本知矢(ともや)さん(16)をサバイバルナイフで刺し、意識不明になっていた事件で、竹本知矢さんが27日深夜03時30分、治療を受けていた病院で死亡したと、福岡県警行橋署が27日、発表した。
福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕.jpg
福岡県警行橋署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した高校1年の女子生徒を、殺人容疑に切り替えて調べる方針。女子生徒は既に3日に、福岡地方検察庁小倉支部に送検され、17日から女子生徒を鑑定留置し、刑事責任能力の有無を調べている。

福岡県警行橋署によると、1日14時10分頃、福岡県京都郡苅田町のマンションから「人が飛び降りようとしている」と、110番通報があった。警察官が駆け付けると、マンション一室内で高校1年の竹本知矢さんが胸を刺され倒れており、病院に運ばれたが意識不明の状態が続いていた。福岡県警行橋署は、竹本知矢さんの交際相手で、このマンションの部屋に住む高校1年の女子生徒(16)が刺した事を認めた為、竹本知矢さんの胸を刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。女子生徒は「自分で刺した」と供述し、容疑を認めていると言う。
福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕1.jpg
福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕2.jpg

自宅には当時、女子生徒の家族や友人ら計7人が居た。自宅からは凶器と見られるサバイバルナイフ(刃渡り約18センチメートル)が見つかった。
福岡県警行橋署によると、2人は交際関係にあり、交際を巡るトラブルがあり、2人が心中を図った可能性があると見て、引き続き調べている。
福岡県京都郡苅田町は、北に北九州市、南に行橋市に挟まれた周防灘に面した町。

 ※死亡男子生徒氏名発表は「産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170327/wst1703270041-n1.html」及びAnニュースにて報道。




posted by かえぴょん at 15:21| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

【悲痛】千葉県我孫子市ベトナム国籍女児殺人遺体遺棄事件…通学路の死角狙われる


千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件.jpg
26日朝06時45分頃、千葉県我孫子市北新田の排水路に掛かる橋の下の草むらで、10歳くらいの女児が倒れているのを釣りに来た男性(49)が見つけ、千葉県警我孫子署に通報した。女児は衣服を身につけていない状態で見つかり、所持品も見つかっていない。女児は現場で死亡が確認され、首に絞められたような痕があったほか、頭部には硬い物で殴られたような痕があったと言う。

千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件1.jpg
千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件4.jpg
千葉県警我孫子署は、千葉県松戸市六実(むつみ)5丁目で24日から行方不明になっていたベトナム国籍で、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小学校3年生のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)と確認し、殺人・死体遺棄事件と断定、千葉県警我孫子署に捜査本部を設置した。

千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件2.jpg
千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件3.jpg
千葉県警我孫子署捜査本部や松戸市教育委員会によると、レェ・リンさんは24日朝08時00分頃、登校のため自宅を出たあと、自宅から直線距離で約600メートル離れた小学校の終業式に向かったが、学校に姿を見せず、そのまま行方不明になった。地域のボランティアが、レェ・リンさんの通学路の学校に近い地点で、子供たちを見守る活動をしていたが、24日はレェ・リンさんの姿を見なかったと話していると言う。千葉県警我孫子署は、レェ・リンさんが自宅を出て間もなく事件に巻き込まれた可能性が高いと見て、聞き込みをしたり防犯カメラの映像を調べてる。
レェ・ティ・ニャット・リンさんは、いずれもベトナム国籍で父親(34)は自営業でソフトウエア開発をしており、それに母親(30)、弟(3)の4人暮らし。家族は2015年12月に神奈川県川崎市高津区から千葉県松戸市に引っ越して来たと言う。24日は学校の修了式で、登校時間の朝08時20分までに姿を見せなかった為、学校から「登校していない」と、連絡を受けた父親が千葉県警松戸東署に捜索願を出していた。

千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件5.jpg
近所の主婦(73)は24日昼頃、他の住民から行方不明になっている事を聞き、26日夕に、レェ・リンさんが亡くなったと知人から知らされた。レェ・リンさんは少し大人びた感じで、同級生と走り回っていた姿が印象に残っていると話し、「活発でしっかりした子がどうして。信じたくない。許されることじゃない」と、声を震わせ首を左右に振った。
また自営業の男性(64)は「言葉にならない。抵抗できない、あんな小さい子を」と、絶句した。
別の女性(37)は「庭の草むしりをしていると『何してるの?』と、声を掛けて来た。明るく人なつっこい子だったのに」と振り返った。

レェ・ティ・ニャット・リンさんが無残なご遺体で発見された事を受け、千葉県松戸市教育委員会の伊藤純一教育長は26日夜、松戸市役所で記者会見し、「誠に残念で悔しい。一日も早く、小さい命を奪った者を探し出して頂きたい!」と、声を絞り出し絶句した。
レェ・リンさんは登校中に事件に巻き込まれたと見られるが、千葉県松戸市では市内全ての小学校で、集団登校をしていない。引率役となる児童の負担などを考慮しての判断だが、事件を受けて見直しも検討すると言う。
また、レェ・リンさんが通っていた千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小学校に、近くスクールカウンセラーを派遣し、児童の心のケアにあたる一方、臨時の保護者会も開き経緯を説明すると言う。


千葉県我孫子市ベトナム人女児殺人死体遺棄事件0.jpg

【住民や小学校によると】
レェ・リンさんの自宅は校区の端にあり、小学生の足では学校に着くまで15分程度かかり、集団登校はしていなかった。
経路は、自宅を出ると東武鉄道の踏切を渡る。そこから1〜2分歩くと複数の梨農園が広がっている。農園に人の気配は無い。レェ・リンさんが24日朝にどのルートを通ったかは定かでないが、農園に沿った道は住宅が途切れており、一時的に「地域の目」が届きにくい「死角」となっている。
その後は数百メートルに渡って、一戸建てや賃貸アパートが建ち並ぶ。学校に近い交通量の多い交差点は、防犯協会やボランティアの住民がほぼ連日、児童らを見守っていた。自宅からこの交差点まで小学生の足でおよそ10分程度だ。
交差点近くに住む40代の女性は、24日朝も地域のお年寄りが見守っていたのを覚えている。交差点付近は、登校する児童や車の通行が多い。特に朝08時00分前後は通勤や通学で、駅に向かう人や車が最も多い時間帯と言う。この女性は「ここに来る前にトラブルに巻き込まれたのではないか」と推測する。
女性は更に続けて、「先生が下校に付き添う事もあるなど防犯意識の高い地域。こんな事が起こるなんて信じられない」と話した。

他方、レェ・リンさんのご遺体が発見された現場は、国道6号や住宅地から離れた利根川の近くで、一帯には水田が広がる。雨が降った26日は農作業をする人は殆ど見られず、農道には警察車両が止まった。ご遺体が発見された排水路に掛かる橋の近くでは、千葉県警の捜査員が鑑識活動などを行うなど物々しい。街灯などは設置されていない。その為、夜間は真っ暗で、日中も農作業や散歩をする人を除けば、車の行き来も殆ど無いと言う。
日頃から周辺を散歩していると言う千葉県我孫子市の男性会社員(48)は、「車が入って来ないので歩きやすく、散歩にピッタリな、長閑な場所。亡くなった子供は本当にかわいそう。早く犯人を見つけて欲しい」と話した。

【繰り返される悲劇】

また起きた‥‥
2001年の大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件以降、文科省は学校の安全対策を強化。2002年に危機管理マニュアルを作成し、2008年改正の学校保健安全法では、学校安全計画などの策定を義務付け、警察や地域と連携して安全を確保するよう求めてきた。

文科省が防犯、交通安全対策として2015年度に通学路の危険箇所の点検を実施した小学校は99%、中学校は94%に上る。安全確保のための集団による登下校は小学校の63%で実施し、保護者やボランティアによる「見守り活動」も89%が行っている。一方、国でも警察OBが防犯のアドバイスやボランティアの指導をするスクールガード・リーダー配置を促進しているが、通学路や帰宅後に子供が1人になる時間を無くすのは不可能。「死角」が生じてしまうのが実情。

<子どもが犠牲になった主な事件>
◆2004年11月 奈良市の小1女児(7)が行方不明となり、遺体で発見。新聞販売店員の男を逮捕。
◆2005年11月 広島市で小1女児(7)が殺害され、ペルー人の男を逮捕。
◆2005年12月 栃木県今市市(現日光市)で小1女児(7)が行方不明となり、茨城県内で遺体発見。2014年に男を逮捕。
◆2005年12月 京都府宇治市の学習塾で小6女児(12)が刺殺され、アルバイト講師の大学生を逮捕。
◆2006年4月 岐阜県中津川市で中2女子(13)が殺害され、高1男子を逮捕。
◆2008年9月 千葉県東金市の路上で女児(5)が遺体で見つかり、近くに住む男を逮捕。
◆2014年9月 神戸市長田区で小1女児(6)が行方不明となり、遺体で発見。近所の男を逮捕。
◆2015年2月 福岡県豊前市で小5女児(10)の遺体が見つかり、男を逮捕。
◆2015年2月 和歌山県紀の川市で小5男児(11)が殺害され、近所の男を逮捕。

レェ・ティ・ニャット・リンさんのご遺体が見つかった現場は、JR我孫子駅の北東約2.5キロメートル付近の水田が広がる地域で、近くを利根川が流れている。




posted by かえぴょん at 16:20| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

新潟県上越市の市営住宅で男性遺体…殺人事件で捜査


新潟県上越市高齢男性殺人事件.jpg
23日22時00分頃、新潟県上越市南新町(みなみしんまち)の市営住宅5階の一室で、この部屋に1人で住む無職・中嶋恵一郎さん(76)が、部屋の居間で頭から血を流して死亡しているのが見つかり、新潟県警捜査一課と新潟県警上越署は25日、殺人事件と断定し捜査本部を設置した。

新潟県上越市男性殺人事件1.jpg
新潟県警上越署によると、23日20時30分頃、中嶋恵一郎さんの友人で新潟県上越市内に住む60代の男性から、「数日前から中嶋さんと連絡がとれない」と、新潟県警上越署に通報があり、駆け付けた新潟県警上越署員が、居間の畳の上に仰向けの状態で倒れている中嶋恵一郎さんを見つけた。
司法解剖の結果、死因は外傷性ショックと肋骨骨折による呼吸不全。中嶋恵一郎さんの頭部には複数の外傷があり、腕には打撲のような痕があった。死後数日経っていると見られる。新潟県警上越署は、ご遺体の解剖結果や、ご遺体の状況などから、第三者による犯行と断定した。
発見時に自宅の玄関ドアには鍵が掛けられ、室内に荒らされた形跡は無かった。凶器は見つかっていない。

新潟県上越市男性殺人事件2.jpg
新潟県上越市男性殺人事件3.jpg

関係者への取材で、今月21日夕方、市営住宅の会計を担当する男性が管理費の集金で中嶋恵一郎さんと会っていた事が分かった。その際、中嶋恵一郎さんに変わった様子は無く、新潟県警上越署捜査本部では、21日夕方以降に殺害され、また顔見知りによる犯行の可能性もあると見て捜査を進めている。



posted by かえぴょん at 15:33| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

福島県西郷村の農地から性別不明遺体、田村市の男性か?情報提供で発見

24日14時10分頃、福島県西白河郡西郷村真船の農地で、身元不明のご遺体が埋まっているのを捜索中の警察官が見つけた。福島県警白河署は死体遺棄事件として捜査本部を設置した。ご遺体は成人と見られるが腐敗が進んでおり、性別不明。ご遺体は深さ約2メートルの場所から見つかった。

福島県西郷村で男性遺体.jpg
福島県警白河署によると、「人が殺されて埋められている」との情報が福島県警に寄せられた為、男性のご遺体が埋められているとの情報に基づき、3月17日から現場付近を重機で捜索していた。福島県警白河署は殺人事件の可能性も視野に捜査を進める。
捜査関係者によると、福島県田村市の男性が数年前から行方不明になっている。福島県警白河署は関連を調べると共に、25日に司法解剖を行うなどしてご遺体の身元確認を急ぐ。福島県警白河署の平野亨刑事部長は、記者会見で「重大事件であり、組織的捜査が必要と判断した」と述べた。
福島県警白河署によると、ご遺体は全身で、男女の区別がつかない程傷みが進んでいると言う。今年に入ってからご遺体が埋まっているとの情報が寄せられていた。暴力団関係者が事件に絡んでいる可能性があると言う。
現場はJR東北新幹線新白河駅から北西約6.5キロメートルで、栃木県那須市との県境で、田畑や牧草地が広がり民家が点在する地域。ご遺体が見つかった農地は過去、東京電力福島第1原子力発電所事故の除染で出た汚染土壌や、草木などの廃棄物を一時保管する仮置き場になっていた。




posted by かえぴょん at 15:43| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い