2017年02月26日

東京都八王子市で81歳女性変死体、夫は意識朦朧で搬送…事件か

東京都八王子市高齢女性変死事件.jpg
東京都八王子市高齢女性変死事件1.jpg
24日09時10分頃、東京都八王子市千人町の2階建て住宅で、訪れたヘルパーの30代女性から「おばあちゃんの意識が無い」と、119番通報があった。警察官と救急隊員が駆けつけると、1階和室で住人の無職、斎藤節子さん(81)が普段着のまま、布団を被って仰向けに倒れ、死亡しているのを見つけた。部屋には80代の夫が居ましたが、意識が朦朧(もうろう)とした状態で病院に搬送されました。
東京都八王子市高齢女性変死事件2.jpg
東京都八王子市高齢女性変死事件3.jpg
夫は大量の薬を飲んだと見られ、警視庁八王子署は、司法解剖して斎藤節子さんの死因を調べると共に、事件に巻き込まれた可能性があると見て、死体遺棄事件も視野に捜査する。
警視庁八王子署によると、斎藤節子さんの家は2世帯住宅で、2階に息子家族が住み、1階に斎藤節子さんと80代の夫が住んでいた。斎藤節子さんに目立った外傷は無く、部屋が荒らされたりした形跡は無いと言う。警視庁八王子署は、夫の回復を待って話を聞くなどして、斎藤節子さんが死亡した経緯を調べる事にしている。


東京都八王子市認知症妻殺人事件.jpg
【続報】
警視庁八王子署は1日、斎藤節子(81)さんに睡眠導入剤を飲ませた上、ネクタイで首を絞めて殺害したとして、夫の斎藤隆吉容疑者(84)を殺人の疑いで逮捕した。斎藤隆吉容疑者は、睡眠導入剤を大量に飲み、意識が朦朧とした状態で病院に搬送されていた。
斎藤節子さんは認知症を患っていて、斎藤隆吉容疑者が1人で介護していたと言う事で、調べに対し「介護に疲れ、精神的に限界を超えてしまい、妻を殺して、自分も死ぬ覚悟でした」と、容疑を認めていると言う。





posted by かえぴょん at 14:57| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

東京都足立区の住宅で心中殺人か…39歳母死亡、小5男児刺し傷

東京都足立区母親死亡心中殺人.jpg
東京都足立区母親死亡心中殺人1.jpg
23日18時40分頃、東京都足立区興野(おきの)2丁目の住宅1階で、この家に住む小学5年の男児(11)と母親(39)が血を流して倒れているのを、男児の祖母が見つけ119番通報した。警視庁西新井署によると、2人とも病院に運ばれ、母親は首に切り傷があり搬送先の病院で死亡が確認された。男児は顔や背中などにケガをしているが、搬送時に意識があり、「お母さんに切られた」と、話していたと言う。現場には血の付いた包丁が落ちており、警視庁西新井署は、母親が無理心中を図ったと見て調べている。
東京都足立区母親死亡心中殺人2.jpg
東京都足立区母親死亡心中殺人3.jpg

西新井署によると、この家は3階建てで、母子は1階の同じ部屋で倒れていた。親族は当時、2階に居たと言う。男児は顔に切り傷、背中に複数の刺し傷があった。母親は首の左側が切れていた。




posted by かえぴょん at 21:42| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

兵庫県尼崎市で自宅に兄の白骨遺体放置…66歳弟を死体遺棄容疑で逮捕

兵庫県警尼崎北署は23日、白骨化したご遺体を自宅に放置していたとして、兵庫県尼崎市尾浜町3丁目の無職・中田信夫容疑者(66)を死体遺棄の疑いで逮捕した。ご遺体は中田信夫容疑者と同居していた兄(70)と見られ、兵庫県警尼崎北署は司法解剖をして死因を詳しく調べる。逮捕容疑は、自宅で身元不明のご遺体を遺棄したとしている。
兵庫県尼崎市兄遺体遺棄.jpg
兵庫県尼崎市兄遺体遺棄弟逮捕.jpg
兵庫県警尼崎北署によると、23日午前、尼崎市役所の生活保護担当者から、「生活保護を受給していた中田信夫容疑者の兄と連絡が取れない」として、安否確認の依頼があったと言う。23日15時00分頃、兵庫県警尼崎北署員が3階建てアパート2階の、中田信夫容疑者宅を訪問した所、台所の床の上に横たわった白骨化したご遺体を見つけた。ご遺体に目立った外傷は無く、死後、年月が経っていると見られると言う。
兵庫県尼崎市兄遺体遺棄弟逮捕1.jpg
中田信夫容疑者は容疑を認め、「去年の6月、梅雨の時期に、台所に倒れ、死んでいるのを見つけたが、そのまま放置した」と、話していると言う。尼崎市は2015年の秋から兄の安否確認を取れず、昨年5月に生活保護を打ち切っていた。
中田信夫容疑者は70歳の兄との2人暮らしで、去年、尼崎市の職員が安否確認に訪れた際、「兄は友達の所に行っている」などと説明していたと言う事です。




posted by かえぴょん at 21:46| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県平塚市で80歳女性絞殺される…透析に来院せず発見


神奈川県平塚市高齢女性絞殺.jpg
神奈川県平塚市札場町(ふだばちょう)の住宅で22日に、1人暮らしの無職・鳥海(とりうみ)広子さん(80)が死亡しているのが見つかり、神奈川県警が23日にご遺体を司法解剖した結果、死因は首の圧迫による窒息死と判明した。
捜査関係者によると、首に紐状の物で絞められた痕があった。神奈川県警は殺人事件と断定し、23日夜、平塚署に特別捜査本部を設置した。
神奈川県平塚市高齢女性絞殺1.jpg
神奈川県平塚市高齢女性絞殺2.jpg
捜査関係者によると、全身に布団が掛かっていた。玄関は施錠され、1階台所の窓ガラスが割られていたと言う。
近隣住民などによると、鳥海広子さんは人工透析のため週に数回、近くの病院へ通っていた。病院から来院しないと連絡を受けた家族が、22日11時00分頃に家を訪ね、ベッドで仰向けになっていた鳥海広子さんを見つけた。
神奈川県平塚市高齢女性絞殺3.jpg

鳥海広子さんと十数年来の付き合いがあると言う、同年代の女性は「よくお宅を訪問してクッキーや料理を食べながら、年金や病気などの世間話をした。最近も不安そうな様子は全くなかった」と話した。
神奈川県警平塚署は、当時、現場周辺で不審な人物が目撃されていないか捜査を進めています。
現場はJR東海道本線・平塚駅から南東に約1500メートルの住宅街。



posted by かえぴょん at 19:21| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市悪魔祓い女児暴行死…63歳知人の女拝み屋を逮捕


斉藤舞子アナ前橋市女児暴行死のニュースを読む.jpg
群馬県前橋市で6年前(2011年)、当時1歳だった女児に暴行し、死亡させたとして、群馬県警前橋東署は23日、女児の母親の知人で、群馬県前橋市駒形町の自称・コンサルタント業、北爪順子容疑者(63)を傷害致死の疑いで逮捕した。北爪順子容疑者は、「あやしている間に、頭をぶつけているかもしれません」と、容疑を否認していると言う。北爪順子容疑者は自宅で、「お祓い行為」をしており、女児の母親(43)が通っていた。群馬県警前橋東署は、“お祓い”と称して、暴行があったと見ている。
群馬県前橋市女児暴行死事件1.jpg
群馬県前橋市女児暴行死事件2.jpg

群馬県警前橋東署の発表では、亡くなったのは、群馬県前橋市西片貝町(ニシカタカイマチ)3丁目の当時1歳4カ月だった城田麻雛弥(ますみ)ちゃん。北爪順子容疑者(63)は2011年(平成23年)5月2日17時00分頃、群馬県前橋市駒形町の自宅で城田麻雛弥ちゃんを暴行し、4日後、搬送先の病院で死亡させた疑いがある。
司法解剖の結果、城田麻雛弥ちゃんの死因は急性硬膜下血腫だった。頭や背中には複数のアザがあったが、母親は当時、「転びやすい子供で、転んだ」と、話したと言う。
群馬県警前橋東署捜査1課によると、北爪順子容疑者は、「中島順聖(せいしょう)」の名前で、お祓いなどをしていた。城田麻雛弥ちゃんの母親は、「心が軽くなる」などとして、2010年(平成22年)頃から頻繁にアパートを訪れていて、城田麻雛弥ちゃんも、生後間もない頃から両親に連れられ、北爪順子容疑者の自宅に通っていたと言う。
群馬県前橋市女児暴行死事件3.jpg
群馬県前橋市女児暴行死事件4.jpg
北爪順子容疑者は「悪魔祓い」などと称して、城田麻雛弥ちゃんの口に指を突っ込むなどの暴行を加えていたと見られている。
頭や背中には複数のアザがあり、日常的に虐待をしていなかったかも調べている。
城田麻雛弥ちゃんは、児童相談所や警察で見守りが必要な児童の情報などを共有する「前橋市要保護児童対策地域協議会」で、要保護児童となっていた。群馬県警前橋東署は、「被害者が亡くなった事は重く受け止めている」としている。

群馬県前橋市女児暴行死事件5.jpg
死亡した城田麻雛弥ちゃんの父親が胸の内を語った。
(Q:麻雛弥ちゃんに悪霊が憑(つ)いていると言われた?)
城田麻雛弥ちゃんの父親「私が参った時はそう言われていました。」
(Q:暴力を止めるのは難しかった?)
「なんて言うか、それが全てというか、信じてしまっていた。罪を償ってほしいですね」

北爪順子容疑者(63)のアパートの隣に住む男性は、「部屋には色々な人が出入りしていて、2、3歳ぐらいの小さな子供も連れて来られていたのを見ました。悩みの相談を聞いているような声や、『先生』と呼ばれているのも聞きました。会えば世間話をするような人で、変わった人には感じませんでした」と、話していました。

1歳4か月で亡くなった城田麻雛弥ちゃんの70代の祖父は、「最初は事故だと思っていましたが、事件かもしれない、と警察から聞いた時は驚きました。母親からは何をしているのかや、どこに通っているのかなど、詳しい事は聞かされていませんでした。容疑者が逮捕されてホッとしましたが、孫が殺されたかもしれないと思うと、悔しくて仕方がないです。早く真相を解明してほしいです」と、涙を流して話していました。




posted by かえぴょん at 18:38| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い