2016年10月30日

静岡県浜松市で浴槽に夫の死体遺棄容疑で61歳女逮捕

静岡浜松市夫死体遺棄事件1.jpg
静岡県警浜北署は29日、自宅に夫と見られるご遺体を放置したとして、静岡県浜松市浜北区の無職・五十嵐裕美子容疑者(61)を死体遺棄の疑いで逮捕した。逮捕容疑は6月頃から今月29日までの間、自宅でご遺体を発見したにも関わらず、そのまま放置した疑い。
五十嵐裕美子容疑者は、「6月頃に、自宅で夫が亡くなったのは分かったが、浴槽に移し放置していた」と、供述しており、静岡県警浜北署が、ご遺体は五十嵐裕美子容疑者の60代の夫と見て、身元の確認や死因の特定を進めている。

静岡浜松市夫死体遺棄事件2.jpg
静岡浜松市夫死体遺棄事件3.jpg
五十嵐裕美子容疑者は29日朝8時00分過ぎ、静岡県浜松市浜北区内のスーパーで万引したとして、静岡県警浜北署員が窃盗容疑で自宅を捜索した際に、風呂場の浴槽の中で遺体を発見した。ご遺体は腐敗が進んでいたと言い、静岡県警浜北署は31日にも、司法解剖する方針。
静岡県警浜北署によると、五十嵐裕美子容疑者は夫と2人暮らし。五十嵐裕美子容疑者はご遺体を放置した理由について、「お金が無くて、どうしたらいいか分からなかった」と、容疑を認めていると言う。





posted by かえぴょん at 16:47| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

栃木県矢板市駅前で赤ちゃん出産し遺棄、16歳女子高校生を殺人容疑で逮捕

栃木県矢板市16歳女子高生赤ちゃん産んで殺害.jpg
25日朝06時50分頃、栃木県矢板市扇町1丁目のJR矢板駅西口広場の市営駐車場男性用トイレ南側の植え込みに、生後間もない乳児のご遺体が置かれているのをタクシー運転手の男性(61)が見つけ、栃木県警矢板署に通報した。栃木県警矢板署は死体遺棄事件として捜査。
栃木県警矢板署によると、乳児は男の子で、身長約46センチメートル、ヘソの緒がついた状態。裸で目立った外傷はなかった。

栃木県矢板市16歳女子高生赤ちゃん産んで殺害1.jpg
栃木県矢板市16歳女子高生赤ちゃん産んで殺害2.jpg
その後、栃木県警矢板署は駅の防犯カメラの映像などから、栃木県内の女子生徒(16)を割り出し話を聞いた所、容疑を認めた為、殺人容疑で逮捕した。
逮捕されたのは栃木県内県北居住の高校1年の女子生徒(16)で、女子生徒が今月16日、栃木県矢板市扇町1丁目のJR矢板駅前の公衆トイレで、男の赤ちゃんを出産した後、近くの植え込みに放置し、殺害した疑いが持たれています。

栃木県矢板市16歳女子高生赤ちゃん産んで殺害3.jpg
調べに対し女子生徒は、妊娠や出産を隠そうとしていた、と供述した上で、「赤ちゃんが生まれて泣きやまなかったので放置してしまった」「どうしていいか分からなかった」などと話していると言う。栃木県警矢板署は、詳しい経緯を調べています。

栃木県警矢板署には、乳児のご遺体発見の約8日前の17日朝に、駅前公衆トイレの多目的トイレ内に血痕があるとの通報があり、栃木県警矢板署員がトイレやその周辺を調べたが、植え込みの中にあるご遺体を見つけられなかった。これについて栃木県警幹部は、「見落としがあったと言われても仕方がない」と話す。





posted by かえぴょん at 15:25| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目黒区24歳女性不明、死体遺棄容疑で50歳男を逮捕

東京都目黒区の会社員・中元志織さん(24)が先月から行方不明になる事件があり、警視庁捜査1課は25日、元交際相手の50歳の男が、「女性の遺体をバラバラにして川や中元さんの自宅の排水口などに捨てた」と供述した為、住所不定無職・佐賀慶太郎容疑者(50)を死体遺棄容疑で逮捕した。
目黒区女性バラバラ殺人事件.jpg
目黒区女性バラバラ殺人事件1.jpg

中元志織さんは、都内の勤務先に突然出勤しなくなり、会社からの行方不明の届け出を受けて、警視庁が捜査した結果、元交際相手の佐賀慶太郎容疑者が浮上。
警視庁捜査1課の任意の事情聴取に、佐賀慶太郎容疑者は、容疑を認めた上で、「刃物で刺した」とも供述していると言う事です。

目黒区女性バラバラ殺人事件2.jpg
目黒区女性バラバラ殺人事件3.jpg

警視庁捜査1課によると、佐賀慶太郎容疑者は9月17〜20日頃に掛けて、東京都目黒区に住む会社員・中元志織さんのご遺体を、埼玉県戸田市の荒川や、東京都内と千葉県内の川などに遺棄した疑いが持たれています。警視庁捜査1課は、今月24日からご遺体を捜索している。
警視庁捜査1課によると、中元志織さんの自宅マンションの室内からは、中元志織さんの血液反応があったと言う事です。佐賀慶太郎容疑者は、「ケンカになり、中元さんの部屋で刃物で刺して殺した」と、殺害も認めていると言う。

目黒区女性バラバラ殺人事件4.jpg
佐賀慶太郎容疑者は、中元志織さんの元交際相手で、2人は昨年11月、中元志織さんのアルバイト先で知り合った。
今年7月になり、中元志織さんは佐賀慶太郎容疑者からのストーカー被害について、警視庁に相談していたと言う事ですが、今年7月16日、佐賀慶太郎容疑者が中元志織さんへの暴行容疑で、埼玉県警に逮捕され、罰金10万円の略式命令を受けて7月27日に釈放された際、中元志織さんに近づかないとする書面を埼玉県警川口署に提出。埼玉県警川口署は、中元志織さんと警視庁目黒署に経緯を説明し、警視庁目黒署は中元志織さんと連絡を取り合うようになったと言う。
警視庁捜査1課は、2人の間に金銭を巡るトラブルがあったと見て、詳しい経緯を調べると共に、ご遺体の発見に全力を尽くす。





posted by かえぴょん at 02:00| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

【凄惨】大阪市西淀川区で16歳息子殺害の母親、近くで飛び降り自殺

大阪西淀川区16歳息子殺害と母親自殺.jpg
24日15時40分頃、大阪府大阪市西淀川区歌島2丁目の5階建てのマンションで、「男性が倒れている」と110番通報がありました。大阪府警西淀川署員が駆け付けると、このマンションの4階で、この階に住む私立の通信制高校に通う日高力哉(りきや)さん(16)が、廊下で首などを切られて死亡しているのが見つかりました。大阪府警西淀川署によると、日高力哉さんはマンション4階の廊下で仰向けに倒れていて、既に死亡していたと言う事です。現場に凶器は残されていませんでした。
大阪市西淀川区16歳息子殺害と母親飛び降り自殺0.jpg

大阪西淀川区16歳息子殺害と母親飛び降り自殺.jpg
現場マンションの防犯カメラに、24日14時00分頃、母親と見られる女性が写っていた事が分かり、女性の左手には返り血のような物が付いた状態で、外へ出る姿が映っていた為、行方を追っていた。
路上の血痕などを警察犬を使って辿った所、現場マンションから西に約300メートル離れた、大阪府大阪市西淀川区歌島3丁目の市営住宅7階の非常階段で、24日18時40分頃、しゃがんでいる女性を発見。捜査員は1人だった為、応援を呼び、およそ15分後、7階廊下の手すりに手を掛けていた女性に「お名前は?」と尋ねると、いきなり飛び降りたと言う。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。飛び降り死亡したのは、日高力哉さんの母親の無職・日高由香さん(55)と判明。服装は防犯カメラの映像とほぼ同じだと言う。
大阪市西淀川区16歳息子殺害と母親飛び降り自殺1.jpg

その後の捜査関係者への取材で、マンション自宅内に血の痕があった事から、日高力哉さんは室内で襲われた後、廊下まで逃げて死亡したと見られる事が分かりました。
日高由香さんと日高力哉さんは同じマンションの4階に同居。大阪府警西淀川署は、日高由香さんが日高力哉さんの死亡に何らかの形で関与したと見て、捜査している。

同じマンションの70代女性によると、日高由香さんは数カ月前、「引っ越して来ました」と、挨拶に来たと言う。「上品な人に見えた」と、突然の事件に驚いた様子だった。
現場は、JR神戸線塚本駅から西に約500メートルの大阪府道沿いのマンション。





posted by かえぴょん at 17:57| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

愛知県春日井市で中国人女性首切られ死亡、28歳中国籍の男を逮捕

愛知県春日井市中国人女性殺害.jpg

23日18時20分頃、愛知県春日井市藤山台4の都市再生機構(UR)藤山台団地414棟(5階建て)の2階通路で、3階に住む中国籍女性で、縫製会社の技能実習生・陳冲(ちんちゅう)さん(32)が男にハサミで首などを切られ、搬送先の病院で間もなく死亡した。
愛知県警春日井署は、殺人未遂の疑いで、現場にいた中国籍の住所職業不詳・曹恒生(そうこうせい)容疑者(28)を現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べている。
愛知県警春日井署によると、曹恒生容疑者は刃渡り15センチメートルのハサミを所持しており、本人も首に軽傷を負って、病院で治療を受けている。

愛知県春日井市中国人女性殺害3.jpg
愛知県春日井市中国人女性殺害1.jpg

陳冲さんの部屋を訪れた同僚の女性が、事件を目撃し、同じ団地に住む別の同僚を通じて110番通報した。駆け付けた警察官が、団地内の通路で仰向けに倒れている陳冲さんに覆いかぶさっていた曹恒生容疑者を取り押さえた。
警察官が「おまえがやったのか」と尋ねると、曹恒生容疑者は頷いたと言う。愛知県警春日井署によると、3階通路にも血痕があったと言う。

愛知県春日井市中国人女性殺害2.jpg
陳冲さんは、愛知県春日井市内の縫製会社で働いていた。
同じ団地に住む40代の女性は、「外国人が多いとは思っていたが、こんな事件が起きるとは」と、不安そうに話していた。
現場はJR中央線高蔵寺駅から北西約2キロメートルの、都市再生機構(UR)の集合住宅が密集する高蔵寺ニュータウン内の団地。
posted by かえぴょん at 19:26| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする