2016年09月29日

大阪府柏原市のポンプ場で男性遺体、高1男子を傷害致死容疑で逮捕

大阪府橿原市営ポンプ場で男性遺体.jpg
28日08時25分頃、大阪府柏原市国分西1丁目の「国分第2雨水ポンプ場」敷地内で、「人が倒れて動かない」と、柏原市職員から110番通報があった。大阪府警柏原署によると、30代ぐらいの男性が仰向けに倒れており、その場で死亡が確認された。
男性の後頭部には打撲痕があり、近くのフェンスに血痕が付着している事から、大阪府警柏原署は、事件に巻き込まれた可能性と事故の両面で、捜査すると共に、身元の確認を急ぐと共に、近く司法解剖して死因の特定をする。

大阪府橿原市営ポンプ場で男性遺体1.jpg
大阪柏原市男性殺害で高校1年男子逮捕.jpg
大阪府警柏原署や大阪府警捜査1課によると、死亡した男性は、ポンプ場敷地の南側通路付近で仰向けに倒れており、後頭部に打撲痕と少量の出血があり、死後1日以内と見られると言う。男性は白い半袖Tシャツに短い七分丈の紺色のズボン姿で、近くにサンダルが落ちていた。財布や身元を示す所持品は無かったと言う。「国分第2雨水ポンプ場」は、外部から自由に出入り出来る状態だった。
現場近くの防犯カメラには、28日未明、被害者と見られる男性を含めて数人が集まっている様子が映っていたと言う。
現場は近鉄大阪線・河内国分駅の北西約300メートルの住宅街にある。

【その後、殺害した犯人逮捕】
大阪府柏原市国分西1丁目の市営ポンプ場で男性に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警は28日、大阪府柏原市内に住む高校1年の男子生徒(15)を傷害致死容疑で逮捕した。男子生徒は「その通り間違いありません」と、容疑を認めていると言う。

大阪柏原市男性殺害で高校1年男子逮捕1.jpg
大阪柏原市男性殺害で高校1年男子逮捕2.jpg
大阪府警柏原署捜査1課によると、亡くなったのは大阪府柏原市片山町の無職・竹本悟さん(31)。男子生徒は28日未明、大阪府柏原市国分西1丁目の「市営国分第2雨水ポンプ場」の敷地内で、竹本悟さんの頭と腹を蹴って死なせた疑いがある。後頭部には2カ所の傷があったと言う。大阪府警柏原署は、倒れた際に近くにあった植え込みの鉄柵に頭を打ったと見て、近く司法解剖して死因を調べる方針。

大阪柏原市男性殺害で高校1年男子逮捕3.jpg
男子生徒の母親から28日の14時00分過ぎ頃、大阪府警に「息子が男の人を蹴って死なせてしまった」と、電話があり、自首した男子生徒を大阪府警柏原署の警察官が任意同行した。
高1男子生徒は、竹本悟さんと会ったのは3回目で、事件当時、現場付近で竹本悟さんや、友人3人と話をしていたと説明している。取り調べに対し、男子生徒は「(竹本さんから)『お前、ほんまはケンカ弱いんと違うんか』などと、ののしられ、腹が立って蹴った」などと、供述していると言う事です。

現場近くの防犯カメラには、竹本悟さんと似た服装の人物が数人と一緒にいる姿と、その中の1人から蹴られ、後ろに倒れて動かなくなっている様子が映っていたと言う。





posted by かえぴょん at 09:38| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

京都市伏見区男性刺殺事件、路上でケンカ…胸に複数の刺し傷

京都伏見男性殺人事件.jpg
28日深夜00時05分頃、京都府京都市伏見区桃山町日向(ひゅうが)の京都府営小栗栖西団地近くの路上で、「男性が血を流して倒れている」と、110番通報があった。駆けつけた京都府警の警察官が、胸付近に複数の刺し傷がある40代くらいの男性を発見したが、間もなく死亡が確認された。京都府警は男性が何らかのトラブルに巻き込まれた、殺人事件の可能性が高いと見て捜査している。

京都伏見男性殺人事件1.jpg
京都伏見男性殺人事件2.jpg
京都府警山科署によると、死亡した男性は、京都府京都市伏見区桃山町中島町の職業不詳・渡辺直樹さん(46)で、上半身裸の状態で仰向けに倒れ、先の110番通報の前に、「男が殴り合いのケンカをしている」と、別の通報もほぼ同時刻にあったと言う。現場近くには、渡辺直樹さんの所持品と見られるカバンと、血の付着した服が落ちていたと言う。凶器は見つかっていない。
京都伏見男性殺人事件3.jpg

現場近くに住む70代の女性は、「帰宅時に白っぽい車の周りで3、4人が話しているのを見た。夜は人通りが少ないので気になっていたら、直後に複数の男性がケンカするような怒鳴り声が聞こえた」と、話した。
現場は京都市営地下鉄東西線石田駅の近くで、京都府営住宅が建ち並ぶ住宅地。





posted by かえぴょん at 15:22| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

横浜市入院患者中毒殺人、トラブル相次ぎ別患者も病死でない可能性


横浜市大口病院患者毒殺事件.jpg
神奈川県横浜市神奈川区大口通の大口病院(高橋洋一院長)で20日、点滴に異物が混入され、入院患者の八巻(やまき)信雄さん(88)が死亡した事件で、司法解剖の結果、ご遺体から、洗剤などに使われる「界面活性剤」が検出されていた事が、神奈川県警の調べで分かった。「界面活性剤」は点滴袋からも検出された。
神奈川県警は23日、何者かが点滴から異物(界面活性剤)を体内に入れた事による中毒死と見て、殺人事件と断定、神奈川県警神奈川署に特別捜査本部を設置した。
横浜市大口病院患者毒殺事件2.jpg
横浜市大口病院患者毒殺事件4.jpg


界面活性剤は、医薬品などにも広く使われており、神奈川県警神奈川署は、事件に市販されているものが使われた可能性もあると見ている。界面活性剤は、物質と物質を混じりやすくさせる物。油汚れを分解し水に溶かし込む作用があり、石鹸や洗剤などに使われる。

横浜市大口病院患者毒殺事件1.jpg
横浜市大口病院患者毒殺事件3.jpg
神奈川県警神奈川署捜査1課によると、殺害されたのは、神奈川県横浜市港北区新吉田東3丁目の無職・八巻信雄さん(88)。八巻信雄さんが入院していた部屋は、4階の8人部屋で、この時6人が入院しており、八巻信雄さんは14日から入院していて、寝たきりの状態だった。
19日22時00分頃、30代の女性看護師が八巻信雄さんに栄養補給の為の点滴交換を実施。20日早朝04時00分頃、心拍数が低下している事に、この看護師がアラームで気づき、20日早朝04時55分に死亡が確認された。最初に点滴した看護師が点滴の袋を確認したところ、中身の異常に気付いた。点滴の袋には、目立った穴や破れはないという。その後、点滴袋の異常にこの看護師が気づき、病院が警察に通報したと言う。

横浜市大口病院患者毒殺事件5.jpg
大口病院は、夜19時00分から翌朝08時00分の間、関係者以外の立ち入りを禁止している。八巻信雄さんが死亡した当時、病院には看護師やヘルパー、警備員の計6人が居たほか、同じ部屋に患者5人が居たと言い、神奈川県警神奈川署捜査1課は看護師らから事情を聴いている。
また同じ4階に入院していた患者の内、18日には、点滴を受けていた80代の男性2人と、八巻信雄さんが死亡する約2時間前の20日未明には、点滴を受けていない90代女性の3人が死亡。医師の診断では、3人とも病死とされたが、神奈川県警神奈川署は、司法解剖して死因を調べ、事件性の有無を確認している。

これとは別に、大口病院では最近、トラブルが相次いでいた。
神奈川県横浜市医療安全課によると、7月5日、神奈川県横浜市監査課に、「看護師のエプロンが切り裂かれていた」「患者のカルテが失くなった」と、言う内容のメールが届いた。8月12日には同じ人物から、「病院のスタッフが、漂白剤のような物が混入した飲み物を飲んで唇がただれた」と、言う趣旨の情報提供がメールであったと言う。
横浜市大口病院連続殺人の経緯.jpg

この為、神奈川県横浜市医療安全課が9月2日、大口病院への定期立ち入り検査の際に、口頭で事実確認した所、飲料に漂白剤のような物が混入した事や、看護師のエプロンが切り付けられた事が、確認されたと言う。病院は8月に、神奈川県警神奈川署に相談していたと言う。
神奈川県警神奈川署捜査1課は、今回の事件との関係を調べている。

大口病院は、JR横浜線「大口駅」から徒歩3分の住宅街にある。
ウェブサイトによると、1954年に特定医療法人財団「慈啓会」が開設。診療科目は内科、小児科、整形外科、リハビリテーション科の4つ。入院患者については、急性期から、症状が落ち着いて来る「亜急性期」、長期に渡って療養が必要な「慢性期」の患者を主に受け入れていると言い、病床数は85床。





posted by かえぴょん at 21:42| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

千葉県銚子漁港で男性の胴体部分…殺人の可能性で身元確認急ぐ


千葉県銚子漁港バラバラ殺人.jpg
22日朝07時35分頃、千葉県銚子市新生町1の銚子漁港で、岸壁近くの海上に、頭や手足がない人の胴体が浮かんでいるのを、トラック運転手の男性が発見し110番した。千葉県警銚子署が調べた所、係留されていた船と岸壁の間で、男性のご遺体の胴体部分が、海面に浮いているのが見つかったと言う事です。

千葉県銚子漁港バラバラ殺人1.jpg
千葉県銚子漁港バラバラ殺人2.jpg
千葉県警銚子署によると、ご遺体は衣服を身に着けておらず、胴体そのものに切り傷や刺し傷はなく、身元を示す物は見つかっていないが、成人男性の可能性が高いと言う。
千葉県警銚子署は、身元の確認を急ぐと共に、事件に巻き込まれた可能性もあると見て調べている。
現場は銚子漁港の内、利根川の河口側にある漁船などの船着き場。
千葉県銚子漁港バラバラ殺人3.jpg

<船の乗組員「驚いた」>
ご遺体の一部が見つかった、銚子漁港の岸壁に係留されていた船の乗組員の男性は、「遺体のようなものは、漁港の出入り口の方向にあたる船の船首方向から海面を流れて来て、船尾の方まで流れて来た所で裏返り、人の体だと分かりました。消防が引き上げた所、胴体部分しか無かったので驚きました」と、話していました。





posted by かえぴょん at 21:22| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市押木田公園で男性死亡、暴行事件の可能性で捜査


名古屋市押木田公園男性暴行殺人.jpg

22日22時10分頃、愛知県名古屋市中村区押木田町1の押木田(オシキダ)公園で、通行人の男性から「公園内のベンチに座って動かない男性がいる」と、119番通報があった。救急隊員が駆けつけた所、男性はグッタリしており、搬送先の病院で死亡が確認された。男性は顔に殴られたような腫れた痕があり、手足にアザがある事から、愛知県警中村署は、男性が事件に巻き込まれた可能性が高いと見て、捜査を開始しました。

名古屋市押木田公園男性暴行殺人2.jpg
名古屋市押木田公園男性暴行殺人1.jpg
愛知県警中村署によると、男性は50歳代くらい。押木田公園敷地内の北西側で倒れており、近くには男性の物と見られるカバンが落ちていた。
その後の捜査で、死亡したのは、愛知県名古屋市中村区内で一人暮らしをしている50代の男性と見られ、愛知県警中村署が確認を急いでいる。また、ご遺体を司法解剖して死因を調べると共に、男性の自宅と見られるアパートを調べ、死亡した状況を明らかにする方針です。

現場の名古屋市押木田公園は、JR名古屋駅の西約2キロメートルの住宅街にあり、日中は近隣住民の憩いの場となっている。名古屋地方気象台によると、現場付近には当時、小雨がパラついていた。





posted by かえぴょん at 16:38| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い