2016年05月26日

東京都足立区の小学校で同級生とケンカ、意識不明だった小4男児死亡

東京都足立区の区立小学校で4月中旬、同級生と"ケンカ"をし、殴られ意識不明の重体となっていた男子児童(9)が亡くなり、警視庁は司法解剖して死因や"ケンカ"との関連を調べています。
警視庁少年事件課によりますと、児童は脳から出血して意識不明の状態が続いていましたが、25日朝、入院先の病院で亡くなったと言う事です。

足立区小4児童傷害致死事件.jpg
足立区小4児童傷害致死事件1.jpg

■ 4月14日午後1時30分頃、東京都足立区の区立小学校の教室で、4年生の男子児童(9)が同じクラスの男子児童(9)に殴られ意識不明となった。119番通報で駆け付けた救急隊が病院に搬送したが、脳内出血と診断された。警視庁が当時の詳しい状況を調べている。
足立区教育委員会などによると、男児らは掃除の時間中、学校の廊下で雑巾の投げ合いをしていたが、一方が相手の背中や腹を殴ったり蹴ったりするようになった。その後、暴行を受けた男児は自分の席に戻って泣いていたが、暫くして意識が無くなったと言う。
暴行を見ていた教諭はおらず、男児が意識を失ったのに驚いた別の児童が、教諭に伝えて発覚。心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)を使うなどの救護措置が取られたが、搬送先の病院で脳内出血と判明、緊急手術を受けた。
しかし男児は、意識が戻らないままとなっていた‥‥。
警視庁少年事件課は、殴った同級生(9)を傷害の非行事実で児童相談所に通告した。

2人の間にはこれまでにイジメがあったとの情報があり、警視庁が教諭や同級生らから詳しい経緯を聞く方針。足立区教育委員会教育指導課の浮津(うつき)健史課長は、「暴力行為の頻発などでこの学校が過去に問題になった記憶は無い。学校としての対応に問題が無かったか検証を進めたい」としてしていた───。

警視庁少年事件課によると、調べに対し同級生は「カッとなってしまった」などと話したと言う。
警視庁少年事件課によると2人は、以前にも"ケンカ"をした事があったと言う事で、詳しい経緯を調べる事にしている。



ふざけたつもりか、揶揄ったつもりか───。
脳内出血を起こす程の損傷を与えるには、それ相応の力が加えられた事になる。じゃれ合うのとは違う、明らかな度を越した暴力行為に何故及んだのか?
暴力を是認する行動は、殆どが親から子に伝わる。親が暴力を振るう行為を見て、子供も真似をするようになる。それが『暴力の連鎖』だ! 少年犯罪の場合、親の躾と言うより、普段の親の行動そのものが子供には『恐ろしい基準』となる。
この児童の親には、猛省を促したい。





posted by かえぴょん at 14:40| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

大阪市西成区で「邪険にされ不満」と男性殺害、77歳男を殺人容疑で逮捕


21日午後9時45分頃、大阪府大阪市西成区萩之茶屋のアパートに住む高齢男性の胸を刃物で刺して殺害したとして、大阪府警西成署は22日、殺人容疑で無職の田村照明容疑者(77)を逮捕した。田村照明容疑者は「頼み事をしても何もしてくれず、不満だった。バカにされ相手を懲らしめようと思ったが、死ぬとは思わなかった」と、殺意を否認している。
大阪府警西成署によると、21日夜、大阪府大阪市西成区萩之茶屋のアパートで、「男性が腹を刺されている」と住人から110番通報がありました。大阪府警西成署員が駆け付けると、アパート1階の玄関で、アパートの住人で夜間管理人と見られる70代男性が、右腹や左胸を果物ナイフで刺され、血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが、1時間後に死亡しました。大阪府警西成署は、同じアパートに住む無職の田村照明容疑者が「自分が刺した」と、認めた事から、殺人容疑で逮捕しました。
大阪府警西成署によると、田村照明容疑者は、「管理人はこれまで相談事があっても相手にしてくれず、(事件当日も)邪険にされたので口論になった」と供述していると言う。田村照明容疑者は口論の後、自分の部屋から果物ナイフを持ち出したと言う。大阪府警西成署は、殺された男性の身元の特定と事件の詳しい経緯を調べている。




posted by かえぴょん at 23:31| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

尼崎市母娘殺傷事件、階下の男を殺人未遂容疑で逮捕

東京都江戸川区で騒音トラブルから、拳銃で階上の住人を射殺する事件が起きたばかりの同じ日、今度は兵庫県尼崎市で、騒音トラブルからと見られる母と娘死傷事件が起きた───。


19日午後4時40〜50分頃、兵庫県尼崎市下坂部3丁目の路上で、「男がハンマーと包丁を持って暴れている」と、近所の女性から110番通報があった。兵庫県警尼崎東署員が駆けつけると、近くの集合住宅2階に住む西初子さん(61)と、次女で兵庫県尼崎市南塚口町4丁目の足立千春さん(33)が、男にハンマーで殴られたり包丁で刺されたりして、血まみれで倒れていた。足立千春さんは約1時間半後、搬送先の病院で死亡が確認された。西初子さんも意識不明の重体。
兵庫県警尼崎東署は、西初子さんの真下の部屋に住む無職・豊島速夫容疑者(67)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。豊島速夫容疑者は、「殺そうとしたのは間違いない」と容疑を認めている。兵庫県警尼崎東署によると、「騒音のトラブルがあった」と供述していると言う。今後、容疑を殺人に切り替えて調べる。

目撃者によると、西初子さんと見られる女性が「娘は刺さんといて」と悲鳴を上げる中、豊島速夫容疑者は「叫びながら女性を刺していた」と言う。豊島速夫容疑者は西初子さんと同じ集合住宅の1階に住んでいて、豊島速夫容疑者は「2階の物音がうるさかった」と供述している。
兵庫県警尼崎東署によると、西初子さんと足立千春さんは、いずれも頭や胸などを殴られたり刺されたりして、大量に出血していた。足立千春さんは西初子さん宅を訪れていたと言う。
2人が倒れていた路上の直ぐ前に豊島速夫容疑者の部屋があり、兵庫県警尼崎東署員が玄関を破って入った所、居間で返り血を浴びた豊島速夫容疑者を発見。居間から血の付いた包丁や金槌が見つかった。「数回、金槌で殴ったり、包丁で刺したりした」と話していると言う。
現場の集合住宅は、JR尼崎駅から北に1.3キロメートほど離れた場所にあり、周囲は住宅などが密集しています。




posted by かえぴょん at 22:57| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鬼畜極悪】沖縄の20歳不明女性の遺体発見、元米兵・軍属の32歳男を死体遺棄容疑で逮捕


4月から行方不明だった沖縄県うるま市大田の会社員・島袋里奈さん(20)が遺体で見つかった事件で、沖縄県警は19日、米国籍で現在嘉手納基地で米軍属として働くシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)の供述に基づき、沖縄県恩納村の雑木林で島袋里奈さんの遺体を発見、死体遺棄容疑でシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者を死体遺棄容疑で緊急逮捕した。


島袋里奈殺害事件.jpg

島袋里奈さんは4月28日午後8時頃、交際相手の男性に「ウオーキングしてくる」と無料通信アプリLINE(ライン)で伝えて外出。翌29日午前2時頃、交際相手が送ったメッセージを確認した記録が残されていたのを最後に、足取りが途絶えており、沖縄県警が事件事故の両面で捜査を続けていた。
  
死体遺棄容疑で逮捕された米国籍の元米海兵隊員で、沖縄県与那原町与那原に住む米軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)が、「首を絞め、刃物で刺した」と、殺害をほのめかす供述をしている事が20日、捜査関係者への取材で分かった。沖縄県警は、殺人容疑も視野に20日、遺体を司法解剖して死因の特定を進める。沖縄県警は20日午後、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者を那覇地検に送検された。

捜査関係者によると、4月29日未明に島袋里奈さんのスマートフォンの位置情報が最後に確認された、途絶えた沖縄県うるま市州崎の周辺を通行した車両を調べた所、米軍関係者が使う「Yナンバー」の車が浮上。所有するシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者から今月16日に任意で事情聴取した所、関与を否定したが、声が震えるなど動揺した様子だったと言う。この沖縄県警の任意の事情聴取後の翌17日朝、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者が、自宅で多量の睡眠薬を飲んで救急搬送された。更に18日にはウイスキーを瓶2本分飲み、意識が朦朧とした状態で再び救急搬送された。自殺を図ったと見られるが、沖縄県警によると命に別条は無く、19日に再開した事情聴取で「女性を雑木林に捨てた」と供述し、殺害についてもほのめかしていると言う。

シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者は4月28日夜から29日未明頃、島袋里奈さんの遺体を沖縄県恩納村安富祖の雑木林に遺棄したとして逮捕された。
遺体は19日に供述通り発見されたが、島袋里奈さんの靴と携帯電話は見つかっておらず、沖縄県警が捜している。

20日に接見に訪れた弁護人は、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者が「16日の任意聴取以降、精神的に不安定になり、自殺しようとした」と話している事を明らかにした。
捜査関係者によると、任意提出を受けたシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者の乗用車内からは血痕が見つかり、島袋里奈さんのDNA型が検出された。島袋里奈さんが行方不明になった直後には、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者がコンビニエンスストアで塩を買い、車に振りかける様子が防犯カメラに映っていたと言う。
シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者は、最近になって沖縄県与那原町与那原に引っ越して来たと言います。日本人の妻と生後間もない赤ちゃんと3人で暮らしていました。





posted by かえぴょん at 21:10| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

福島県郡山市の山林に25歳男性遺体、殺人と死体遺棄で捜査


18日午前10時20分頃、福島県郡山市逢瀬町河内(こうず)の御霊櫃峠の入り口付近の山林で、福島県郡山市大槻町の警備員・岡部大樹さん(25)がうつ伏せの状態で倒れているのを、福島県警郡山北署員が見つけ、その場で死亡が確認されました。

福島県警郡山北署によりますと、岡部大樹さんは服を着た状態で、身体や頭に複数の傷があり、司法解剖の結果、死後2〜3日で、頭の骨が折れている事などから殺害されたと見て、福島県警郡山北署は19日、殺人・死体遺棄事件と断定して捜査本部を設置し、捜査を始めた。

福島県警郡山北署などによると、岡部大樹さんは15日午前、家族に「コンビニに行ってくる」と家族に言い残して外出してから連絡が取れなくなり、15日夕からの仕事に出勤せず、帰宅もしない為、16日午後に家族が福島県警郡山署にに届け出ていた。その後17日の夕方、知人が岡部大樹さんの車を山林で見つけ、家族に連絡。家族から「車を見つけた」と連絡があり、福島県警郡山北署員が周辺を捜索した所、車から10メートルほど離れた場所で、岡部大樹さんを見つけたと言う事です。
福島県警郡山北署は、岡部大樹さんが今月15日に家を出たあとに事件に巻き込まれたと見て、捜査を進めています。




posted by かえぴょん at 21:53| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い