2016年04月30日

岐阜市で84歳父親に暴行、その後死亡…51歳長女を傷害容疑で逮捕

27日午後6時頃、岐阜県岐阜市加納西広江町の住宅で、父親の井川正春さん(84)を押し倒すなどして暴行し、頭にケガをさせたとして岐阜県警岐阜南署は29日、同居する長女で無職・井川由美子容疑者(51)を傷害の疑いで逮捕した。父親の井川正春さんは28日午後6時過ぎ、搬送先の病院で死亡しました。井川由美子容疑者は容疑について、「少し認める」と曖昧な供述をしていると言う事で、岐阜県警岐阜南署は、井川正春さんの遺体を司法解剖し、死因などを調べると共に詳しい動機や経緯を調べる方針です。
岐阜県警岐阜南署によると、井川由美子容疑者は兄(55)と井川正春さんとの3人暮らしで、井川由美子容疑者が28日午前に、「父親の様子がおかしい」と119番し、搬送先の病院には「家族の間で喧嘩があった」と説明したと言う。
岐阜県警岐阜南署は、井川正春さんの頭部のケガと死亡との因果関係を調べ、傷害致死で立件出来るかも視野に慎重に捜査する。



posted by かえぴょん at 14:17| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

大阪市此花区の市営住宅で介護に疲れ同居女性絞殺、韓国籍の男を逮捕


大阪市同居女性殺害.jpg

29日午前0時20分頃、大阪府大阪市此花区伝法(このはなくでんぽう)の路上で、「電柱で首を吊って自殺しようとしている男がいる」と、通行人の男性から110番通報がありました。警察が駆け付けた所、男は「内縁の妻を殺した」と話し、自宅の市営住宅の部屋で70代ぐらいの女性の遺体が発見された為、自称韓国籍の無職・大浦次郎(本名=孫晋慶(しんけい)容疑者(69))を殺人の疑いで緊急逮捕した。

大阪市同居女性殺害0.jpg
大阪市同居女性殺害1.jpg

孫晋慶容疑者から事情を聞いた所、「介護に疲れ、おととい首を絞めて殺害した。自分も死のうと思った」と、容疑を認めている。大阪府警此花署は、死亡したのは同居する無職・中村芳子さん(74)と見て、身元の特定を急いでいる。
逮捕容疑は27日頃、大阪府大阪市此花区の集合住宅12階の一室で、中村芳子さんの首を電気コードで絞めて殺害したとしている。大阪府警此花署員が駆け付けた時、中村芳子さんはベッドで仰向けに倒れていて、既に死亡しており、首には絞められたような痕があったと言う事です。
大阪府警此花署は介護の実態を含め、犯行に至るまでの詳しい経緯を調べている。


posted by かえぴょん at 15:16| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城県栗原市の山林女性遺体、遺棄容疑で39歳介護職員を逮捕

宮城県栗原市花山の山林で20代の女性と見られる身元不明の遺体を遺棄したとして、宮城県警捜査1課と宮城県警築館署は28日、死体遺棄の疑いで、宮城県栗原市築館源光の介護施設職員・渡邊隆之容疑者(39)を逮捕した。宮城県警捜査1課は28日、殺人事件の立件を視野に入れ、宮城県警築館署に捜査本部を設置した。
宮城県警築館署捜査本部によると、遺体は3月6日頃から連絡が取れなくなっていた宮城県栗原市内在住の20代の女性と見られる。宮城県警築館署捜査本部は、DNA型鑑定などをして身元の特定を急いでいます。

3月7日、宮城県栗原市内の20代の女性の行方が分からないと届け出があり、捜査の過程で、女性が渡邊隆之容疑者とトラブルになっていたと周囲に話していた事が分かり、渡邊隆之容疑者に事情を聴いた所、宮城県栗原市花山の山林に「車で遺体を運んで遺棄した」と供述した為、供述に基づき捜索した結果、28日朝、この女性と見られる遺体が見つかりました。逮捕容疑は3月6日頃、宮城県栗原市花山の山林に遺体を遺棄した疑い。宮城県警築館署捜査本部によると、渡邊隆之容疑者は「その場所に遺棄した」と、容疑を認めていると言う。
宮城県警築館署捜査本部は28日午後、渡邊隆之容疑者の身柄を検察庁に送りました。

これまでの警察の調べで、女性が友人など複数の人に対し「渡邊隆之容疑者とトラブルになっていた」と話していた事が分かっていましたが、渡邊隆之容疑者の勤め先の介護施設によりますと、女性も同じ施設で働いていて、2人は職場で顔を合わせる事もあり、女性は先月5日の朝までの勤務を最後に出勤しなくなったと言う事で、家族が3月7日、宮城県警築館署に行方不明届を出していた。遺体は損傷が進んでいましたが、歯の治療跡などから、宮城県栗原市築館の蘇武夕貴さん(23)と確認されました。

宮城県警築館署捜査本部は、蘇武夕貴さんが行方不明になった当時の状況を捜査すると共に、死亡した経緯についても渡邊隆之容疑者が事情を知っていると見て調べています。
現場近くに住む無職の男性(79)は、「事件など無い土地だけに驚いた。土地勘が無いと来られない場所。何故ここに捨てたのか」と不安げな様子で語った。
現場は宮城県栗原市中心部から北西に約27キロメートル離れた山林で、国道398号線沿いの浅布渓谷の近く。



posted by かえぴょん at 09:57| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

長野市一家3人殺害、最高裁が上告棄却…主犯格の死刑確定へ

6年前の平成22年(2010年)、長野県長野市で会社経営者の一家3人を殺害して現金を奪ったとして、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われ、裁判員裁判で審理した1審長野地方裁判所と、2審東京高等裁判所でいずれも死刑とされた、長野県長野市の伊藤和史被告(37)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は26日、「犯行を提案し率先して3人の殺害に着手するなど、終始犯行を主導した。刑事責任は極めて重大だ」として被告の上告を棄却した。5人の裁判官、全員一致の意見。死刑が確定する。

判決によると、伊藤和史被告らは平成22年3月、当時住み込みで働いていた勤務先の経営者だった金文夫さん(当時62)と長男夫婦の計3人を絞殺。現金約410万円を奪うなどして愛知県内に遺体を埋めた。
事件では他に3人が起訴され、1人は死刑、1人は無期懲役、1人は懲役18年がそれぞれ確定している。

弁護側は「被害者による過酷な支配を受け、追い詰められた末の犯行だった」と、死刑回避を主張。
これに対し最高裁第3小法廷は、「兼ねてから被害者親子に暴力的扱いを受けるなど、酌むべき事情は相応にある」としつつ、「他の解決策を何ら試みておらず、安易かつ短絡的。刑事責任は極めて大きく、死刑は止むを得ない」と退けた。



posted by かえぴょん at 21:40| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知県豊田市の畑で白骨化した女性遺体、死体遺棄で捜査

26日午前8時頃、愛知県豊田市樹木町(じゅもくちょう)の畑に一部白骨化した遺体があるのを、畑の所有者の妻が見つけ110番通報しました。愛知県警捜査1課によると、遺体は女性で20〜40歳ぐらい、身長約165センチメートルで、司法解剖の結果、死因は不明、死後約3カ月〜1年が経過していた。身元を示すものは無く、茶色がかった髪を肩ぐらいまで伸ばし、胸の部分にアルファベットがプリントされたフードつきの長袖Tシャツを着ていましたが、下半身は下着のみだった。遺体には目立った外傷はなく、白い布が掛けられていた。
また裸足で、近くで靴などが見つかっていない事から、愛知県警捜査1課は、何者かが女性の遺体を運んで来て遺棄したと見て、身元の確認を急ぐと共に、死体遺棄事件として捜査しています。

遺体を発見・通報した畑の所有者の妻は、畑の手入れに訪れていたと言う事ですが、昨年5月から来ていなかったと言い、遺体は畑の窪みにあったと言う。
現場は愛知環状鉄道線・新上挙母駅(しんうわごろもえき)から北に約550メートル、愛知県豊田市役所から1キロメートルほどの住宅や畑が点在する場所で、近所の人によりますと、畑の所有者以外が出入りする事は殆ど無いと言う事です。



posted by かえぴょん at 18:50| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

新潟,糸魚川市─鬼畜義父相姦の果て…自宅で出産直後に乳児殺害、義理の父娘逮捕

新潟県警捜査1課と新潟県警糸魚川署は25日、生まれたばかりの男児の赤ちゃんの首を刃物で切り殺害したなどとして、既に今年2月に別の暴行事件で傷害罪で起訴されている、新潟県糸魚川市歌のアルバイト作業員・中村栄志被告(65)を殺人と死体遺棄容疑で、また中村栄志(えいし)容疑者の養女で義理の娘の、愛知県半田市幸町の無職・中村一美容疑者(28)を殺人容疑でそれぞれ逮捕した。

糸魚川市義父相姦乳児殺害事件2.jpg

新潟県警捜査1課によると、2人は共謀して平成26年(2014年)夏頃、当時同居していた新潟県糸魚川市歌の自宅2階寝室で、中村一美容疑者が出産したばかりの男児の首を刃物で切って殺害し、その後、中村栄志容疑者が男児の遺体を国内のいずれかに遺棄した疑い。凶器は見つかったが、遺体は発見されていない。新潟県警捜査1課と新潟県警糸魚川署は、赤ちゃんを遺棄した場所の特定を進めている。

事件が発覚したのは中村栄志容疑者(65)が、今年2月20日に新潟県糸魚川市歌で、愛知県の30代女性に殴るなどの暴行を加えたとして3月29日、新潟県警糸魚川署に傷害容疑で逮捕、起訴された。中村一美容疑者(28)はこの女性と知り合いで、この暴行事件後、母と不仲になり家を出て、愛知県半田市に移り住み、この女性の世話になっており、女性に対して、赤ちゃんを殺害したと打ち明け、今年2月25日、愛知県警半田署に自首した───。

糸魚川市義父相姦乳児殺害事件3.jpg

中村一美容疑者は実母が、中村栄志容疑者と再婚した平成13年(2001年)春から一緒に住んでいました。そして中村一美容疑者は、その年には中村栄志容疑者と養子縁組を結んだ。2人は戸籍上は義理の父と娘の関係で、2人とも性的関係を認めている。
新潟県警捜査1課によりますと、中村一美容疑者は逮捕容疑を認めているが、中村栄志容疑者は否認していると言う。2人は中村一美容疑者の供述によると殺害された男児の両親に当たる。





中村一美容疑者が自首した約1カ月以上経って、中村栄志容疑者が30代女性への傷害容疑で逮捕されている。これは脅されて、警察に届けられなかった為だろうか‥‥

おぞましい狂った男の冷酷な無秩序極まりない凌辱的狂行は、養子縁組したのちから赤ちゃんを殺害するまでの10年以上、続いていたのだろうか? 妊娠している事さえ言えなかった‥‥だから、出産した事で慌てて強行に及んだのか?

母親が再婚した時、中村一美容疑者はまだ13歳だった───。
まさに狂った鬼畜!!
当然、母親は知っていたと考えるのが普通で、ならばその悪業蛮行を黙従していた事になる!!
母親も中村栄志容疑者も同罪と言わざるを得ない‥‥







posted by かえぴょん at 16:19| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

最高裁が上告棄却、秋田市弁護士逆恨み殺人事件…無期懲役確定へ

2010年(平成22年)11月に、秋田県秋田市の弁護士、津谷裕貴さん(当時55)を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職・菅原勝男被告(72)の上告審で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は19日付で被告の上告を棄却する決定を出した。懲役30年とした裁判員裁判の1審判決を破棄して、無期懲役とした差し戻し後の2審判決が確定する───。

秋田市弁護士殺害事件--無期懲役確定.jpg

差し戻し後の2審判決によると、菅原勝男被告は離婚した元妻の代理人だった津谷裕貴さんを一方的に恨み、2010年11月に津谷裕貴さん宅に侵入した。拳銃で殺害しようとしたが、津谷裕貴さんと揉み合いになり、駆けつけた警察官が誤って津谷裕貴さんを取り押さえるなどした隙(すき)に、枝切りバサミで胸などを刺して殺害した。

検察側は無期懲役を求刑したが、裁判員裁判の1審秋田地裁判決は「(殺害)計画がずさん」などと認定して、懲役30年を言い渡した。
これに対し2審仙台高裁判決は、「拳銃の引き金を引いた時点の殺意が争点化されず、被告に反論の機会を与えなかった。手続きに法令違反がある」として1審判決を破棄した。これ対して検察側が上告し、最高裁判決は「殺意の有無は公判前整理手続きや公判で議論され違反はない」として、更に2審判決を破棄し、審理を仙台高裁に差し戻した。
差し戻し後の2審判決は「1審は悪質性、計画性を過小評価している」として、無期懲役を言い渡していた。

津谷裕貴さんの妻・津谷良子さん(58)は秋田県秋田市内で記者会見し、「裁判が長引き七回忌法要の年となった。判決が確定して心から安堵(あんど)している。被害者の心情だけでなく、司法の根幹を揺るがす事件だと正当に評価されたと思う」と話した。


殺人に正当性など全く有りはしないのだが、懲役30年と言う殺人事件での1人殺害における常態化した判決に対し、最高裁が『有期刑など有り得ない犯行』と言う断固たる判例を明確にした事の意義は大きい。
2005年に刑法が改正され、有期刑の上限が20年から30年へと引き上げられているが、それでもやがて刑務所を出る日が来ると言う一縷の望みが残されている。しかし、それでは無期懲役とは何んなのか? と言う曖昧さが残っていたが、今回の判決で『無期懲役』が事実上の『終身刑』の意味を持つと言う事が、ハッキリしたと言える。




posted by かえぴょん at 22:56| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凄惨!静岡県浜松市で家族4人刺され3人死亡、兇行の31歳長男を逮捕

22日午前3時5分頃、静岡県浜松市北区三幸町の飲食店経営・池谷久勝さん(60)から、「長男に刺された。ほかの家族も刺されている」と110番通報があった。静岡県警細江署員が駆けつけた所、同居する池谷(いけや)久勝の母で農業・池谷まりさん(83)、池谷久勝さんの妻の池谷美沙子さん(62)、長女で会社員の池谷絵吏(えり)さん(32)の3人が刺されており、3人とも死亡が確認された。池谷久勝さんは、刃物で右脇腹や背中などを刺されて重傷ではあるものの、病院に搬送されたが命に別条は無いと言う。

静岡県警細江署は、乗用車で逃亡していた池谷久勝さんの長男で、会社員の池谷佳峰(よしたか)容疑者(31)が、自宅から約3.5キロメートル離れた天竜浜名湖鉄道金指(かなさし)駅近くで交通事故を起こし、車を捨てて逃走しているのを、静岡県浜松市北区引佐(いなさ)町金指の住宅街で発見、通報から約4時間後の午前7時35分に、池谷久勝さんに対する殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。池谷佳峰容疑者は、「自分が刺した」と容疑を認めていると言う。

一家3人殺害--浜松市北区三幸町の会社員_池谷佳峰容疑者.jpg

逮捕容疑は22日午前3時頃、静岡県浜松市北区三幸町の自宅で、池谷久勝さんを殺害しようと刃物で刺したと言うもの。池谷佳峰容疑者は家族3人の殺害についても、関与をほのめかす供述をしていると言い、静岡県警細江署が詳しく調べている。
捜査関係者によると、池谷佳峰容疑者は動機について、「むしゃくしゃしてやった。勤めていた会社を辞める事を家族に反対され、不満を持っていた」などと話していると言う事です。

静岡県警細江署によると、池谷久勝さん方は5人暮らし。池谷久勝さんが外出先から帰宅すると、長男の池谷佳峰容疑者に刺されたと言う。池谷久勝さんは刺された後、寝室などで倒れている母親の池谷まりさんら3人を見つけ、警察に通報した。3人は別々の部屋で就寝中だったと見られる。
凶器と見られる刃物1本は自宅付近で発見され、静岡県警細江署が鑑定を急いでいる。



posted by かえぴょん at 21:50| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

確定死刑囚告白、20年前不明の男性殺害関与…遺体発見

警視庁と神奈川県警は19日、平成15年(2003年)の『前橋スナック拳銃乱射事件』で、死刑判決が確定した指定暴力団住吉会系元会長・矢野治死刑囚(67)が、警視庁への手紙で殺害したと告白した、約20年前(平成8年=1996年)から行方不明になっている、神奈川県伊勢原市の不動産経営・津川静夫さん(当時60)の殺害への関与を告白した事を受け、神奈川県伊勢原市の山林を捜索。
捜査関係者によると、矢野治死刑囚の指示で津川静夫さんの遺体を遺棄したとする元組員が、警視庁の任意聴取に「伊勢原市の山中に埋めた」と、遺棄を認め、場所も説明したと言う。
供述に基づき19日午後2時頃、神奈川県伊勢原市の山中の林道沿いの斜面から、ほぼ白骨化した遺体が見つかった。警視庁と神奈川県警は20日以降、司法解剖やDNA鑑定を行い、遺体は津川静夫さんと見て身元確認を進め、死因の特定を急ぐ。
警視庁は、矢野治死刑囚から任意で事情を聴いており、殺人容疑で矢野治死刑囚を立件できるか慎重に捜査する。また死体遺棄容疑は既に時効が成立している。

捜査関係者によると、津川静夫さんは平成8年(1996年)年8月、宅配業者を名乗る者からの電話を受け、「道案内する」と言って、自宅を出たまま行方が分からなくなり、家族が神奈川県警に捜索願を出していた。警視庁などは、津川静夫さんが宅配便を装った人物に呼び出され、殺害された可能性があると見ている。
矢野治死刑囚は、津川静夫さんと不動産を巡りトラブルになっていた暴力団関係者から依頼を受け、別の暴力団関係者に津川静夫さんを殺害させ、知人の男に遺体を遺棄させたなどとする文書を警視庁に提出していた。
津川静夫さんとトラブルになっていたとされる暴力団関係者や、殺人の実行役とされる暴力団関係者はいずれも既に死亡している。



警視庁によると、矢野治死刑囚が提出した文書は平成26年9月7日付で、矢野治死刑囚の記名と指印があると言う。
【産経ニュースデジタル】文書によると、殺害されたとされる男性は、共済組合を舞台にした大型詐欺事件への関与を取り沙汰され、平成9年には国会に証人喚問された東京都内の会社役員。矢野治死刑囚から借りた約8600万円の返済が滞ってトラブルとなっていたと言う。
男性(津川静夫さん)は矢野治死刑囚に対し、「別の社長を殺害すれば返済できる」などと提案したが、矢野治死刑囚は、男性を都内の暴力団事務所に3日間監禁。首を絞めて殺害し、知人の男に遺体を遺棄させた事が記されている。
矢野治死刑囚が平成26年9月に弁護人を通じて警視庁目白署に文書を送付していた。その後、警視庁で任意で事情聴取した所、文書と同趣旨の証言をしたと言う。

矢野治死刑囚は、平成15年(2003年)に前橋市のスナックで4人が死亡した拳銃乱射事件で、殺人罪などに問われ、1・2審で死刑判決を受け、平成26年に死刑が確定した。



posted by かえぴょん at 15:26| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市で52歳同居男性にライターで火つけ殺害、25歳女逮捕

19日午後9時頃、愛知県名古屋市守山区更屋敷の4階建てマンション「セレニールEX1」の3階に住む女が、愛知県名古屋市守山区廿軒家(にじっけんや)のパトロール中で無人だった守山交番から、「近くのマンションで火事を起こした。人を殺したかもしれない」と、110番通報があった。
警察官と消防隊員が駆け付けると、煙が充満する室内で、ベッドに寝ていた住所不詳で職業不詳・早川純一さん(52)が火傷を負ってベッドのそばに倒れているのを発見。早川純一さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡した。愛知県警守山署は、通報した、同居の無職の女(25)を、20日未明、殺人容疑で緊急逮捕した。

逮捕されたのは、愛知県名古屋市守山区更屋敷の同マンションの無職・久島まや容疑者(25)で、容疑を認めていると言う。逮捕容疑は19日午後9時頃、ベッドに寝ていた早川純一さんにライターオイルを浴びせ掛けて、ライターで着衣に火をつけて殺害した疑い。早川純一さんと久島(くしま)まや容疑者は交際中で、同居していたと見られる。早川純一さんに火傷以外に目立った外傷は無かった。愛知県警守山署によると、ベッド付近が燃えていて、早川純一さんは左上半身や左顔面の火傷が酷かったと言う。
久島まや容疑者は調べに、「交際中の早川さんに不快な事を言われ、寝ている早川さんの着衣にライターのオイルをかけて火をつけた」などと供述していると言う。愛知県警守山署は更に詳しい動機などを調べる。




posted by かえぴょん at 14:12| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする