2016年03月31日

埼玉朝霞市少女誘拐事件、ロリコン変態偏執狂…寺内樺風容疑者を逮捕

2014年(平成26年)3月から行方不明になっていた、埼玉県朝霞市の当時中学1年の女子生徒(15)が27日に東京都中野区で約2年ぶりに保護された事件で、埼玉県警朝霞署捜査本部は28日未明、『未成年者誘拐容疑』で逮捕状を取って公開指名手配していた東京都中野区東中野3の職業不詳・寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の身柄を、静岡県伊東市内で確保したと発表。

埼玉県警朝霞署捜査本部によると、寺内樺風容疑者は28日午前3時15分頃、静岡県伊東市十足(とおたり)の路上で、血だらけで歩いているのを新聞配達員の男性が発見し、静岡県警の最寄りの警察署に通報した。約15分後、警察官や救急隊員が現場に駆けつけると、寺内樺風容疑者は警察官に対し、「自殺しようとした」と言う趣旨の説明をしたと言う。首の右側に切り傷があり、大型のカッターや現金を持っていた。
身柄を確保された後、静岡県伊豆の国市の病院に搬送され、治療のため数日間入院した。埼玉県警朝霞署捜査本部は病院に捜査員を派遣、31日午前8時50分、医師の診察で健康状態に問題が無いと判断された為、病院内で『未成年者誘拐容疑』で逮捕した。
寺内樺風容疑者はその後、ヘリコプターなどで捜査本部がある埼玉県警朝霞署捜査本部まで移送された。


寺内樺風容疑者は大阪府池田市出身で、十数年前から池田市内の賃貸住宅で両親と妹の4人で暮らし。高校卒業後に実家を離れたと言う。池田市内に住む祖父は、寺内樺風容疑者の身柄確保をテレビのニュースで知ったと言い、「しばらく会っていないので最近の様子は分からない。気持ちの優しい子なので、何故こんな事をしたのか。被害者に申し訳ない事をしてしまった」と困惑した様子だった。
尚、ネット上には被害者の氏名、容疑者の出身校名・家族名など、暴き立てる物が散見されますが、本稿では公式記者発表のみで編纂しています。


ほんとに最近は、この手のロリータコンプレックスの小児性愛、幼女趣味、少女愛好者が蔓延し過ぎている……。
小学校・中学校・高等学校の教師、教諭から校長に至るまで、みだらな行為や盗撮が横行し、それを取り締まる警察官までもが盗撮にまるで憑依されたかのように、変態・変質者化して、ちょっと呆れると言うより、20代から70代の男は皆ロリコンと、子供に教えなければならない程、異常繁殖してしまっている。


しかも今回の事件───未成年者誘拐は最高刑で懲役7年。以前、新潟で起こった更に長期の未成年者誘拐では、監禁罪の合罪が適用され、それでも懲役14年の刑に留まっている。
これだけ社会的影響が大きい割に、何んと刑の軽い事か・・・!!!
子供を守る、と言う大前提が、いつの間にか加害者有利になってしまっているような気がしてならない。






 
posted by かえぴょん at 14:18| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

横浜市港北区で2歳の息子殺害容疑で自首した34歳母親を逮捕

神奈川県横浜市港北区の共同住宅の一室で、2歳の息子を殺害したとして34歳の母親が29日、殺人容疑で逮捕されました。
神奈川県警港北署によりますと、29日午後5時半頃、神奈川県横浜市港北区綱島西5の共同住宅に住む、無職・塚本涼子容疑者(34)が、「子どもを殺した」と、自宅近くの警察署に自首した。警察署員が自宅を調べた所、4畳半の和室の布団の上で、子供用の布団の上に仰向けになって死亡している、息子の塚本航平ちゃん(2)の遺体を発見した。塚本航平ちゃんの遺体に目立った外傷は無いと言う事ですが、ここ数日以内に死亡したと見られ、塚本涼子容疑者は「首を絞めて殺した」と、供述していると言う事です。神奈川県警港北署の調べで、塚本涼子容疑者は28日午後8時頃から29日午前7時頃の間に、自宅で塚本航平ちゃんの首を絞めて殺害した疑いが持たれています。

神奈川県警港北署によりますと、塚本涼子容疑者は会社員の夫(41)と長男・塚本航平ちゃんの3人暮らしで、夫は遺体が見つかった時、仕事で不在でした。塚本涼子容疑者は取り調べに対し、「息子が言う事を聞かなくなって来て、育児で悩んでいた」と供述していると言う事で、警察で更に詳しく動機を調べると共に、遺体を司法解剖して死因を調べる事にしている。



『育児ノイローゼ』と言う言葉が大都市部で頻繁に使われているが、そんな和製英語で修飾しても、本質は気短かで忍耐力の無い、大人としての成熟が欠如した性格。母親は34歳。子供を産んだのが32歳であれば本来、女性として母親として、忍耐や根気が養われているはずなのに、『まだ結婚したくない』『独りの方が気楽』『子供はまだ欲しくない』と‥‥駄々をこねる。
一生産まないならまだしも、晩婚化・高齢出産は、本質を言えば、単に逃げているだけ‥‥。
未熟な自分を晒したくない、目を逸らし直視しない自己辯護を並べている‥‥。しかも自分は孤立していると思い込んでいる。───誰に繋がって欲しいのか、術を見失っている事が、悲惨な結末を生む。








posted by かえぴょん at 16:30| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

長崎県大村市の山中で女性腐敗遺体、別の場所で同僚男性の首つり死体

28日午後3時頃、長崎県大村市宮代町の山中で、大村市に住むパート従業員の女性(57)が今月18日朝、会社に向かったまま行方が判らなくなり、家族から捜索願が出され、捜索中だった長崎県警の警察官が、女性の遺体を発見した。

長崎県大村市女性死体遺棄事件.jpg

長崎県警大村署によると、遺体は身長およそ155センチメートルの女性で、今の所目立った外傷は無いと言う事ですが、腐敗が進んでいる事から、死後数日経っていると見られています。長崎県警大村署は、遺体は捜索願が出されている長崎県大村市に住むパート従業員の女性ではないかと見て、身元の特定を急ぐと共に、遺体が靴を履いていないなど不審な点がある事から、死体遺棄事件の疑いがあると見て捜査している。勤務先には女性の車が残されており、長崎県警大村署は足取りなども調べている。

長崎県大村市女性死体遺棄事件1.jpg

長崎県大村市女性死体遺棄事件2.jpg

また今月21日には、パート従業員の女性の会社同僚で、大村市内に住む男性(48)が、長崎県大村市陰平町の山中で首を吊った状態で亡くなっているのが見つかっており、長崎県警大村署は男性が関わった可能性も視野に、事件の関連性などを調べています。同僚男性は19日から行方不明となり、21日に山の中で首を吊った状態で死んでいるのが見つかった。
29日、女性の遺体について司法解剖の結果、首を絞められて殺害された可能性の高いことが、長崎県警大村署への取材で判った。

女性の遺体が見つかった長崎県大村市宮代町は、長崎自動車道大村ICから西へ 国道444号線の北側に位置する場所で大部分が山林。同僚男性の首つり死体が見つかった長崎県大村市陰平町は、大村湾河口の南側で平らな畑と山林の丘陵地帯。
双方の遺体発見現場は直線距離で約10キロメートル離れている。
尚、これまでの報道では死亡した2人の氏名は公表されていません。





posted by かえぴょん at 23:15| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

長野県安曇野市で妻を殺害し床下に遺棄、38歳夫逮捕

28日午前0時15分頃、長野県安曇野市穂高有明に住む会社員・松田雅也容疑者(38)が、「妻を殺し、遺体を床下に置いた」と、長野県警安曇野署に出頭しました。長野県警安曇野署員が、松田雅也容疑者の自宅1階の床下の収納スペースで、妻の松田直美さん(34)の遺体を見つけた。凶器と見られる金属製のハンマー(長さ約30センチ)は、自宅1階で見つかった。長野県警安曇野署は28日、殺人と死体遺棄の疑いで松田雅也容疑者を逮捕した。
長野県警安曇野署の調べによりますと、松田雅也容疑者は27日午後4時頃、自宅で妻の松田直美さんの頭をハンマーで殴るなどして殺害し、遺体を床の下に遺棄した疑い。松田雅也容疑者は犯行からおよそ8時間後、1人で警察署に出頭した。

松田雅也容疑者は、妻の松田直美さんと長男、次男の4人家族で、27日は松田雅也容疑者は休みで、犯行当時、子供2人は外出していたと言う事です。
妻の松田直美さんは約8年前から、コンビニでアルバイトをしており、勤務先の関係者は「ベテランで、仕事もしっかりとやってくれていた」と話した。近所の男性は松田雅也容疑者について、「一昨日も、子供たちとサッカーをしている所を見た。夫婦で車で外出もしていたから、仲は良いと思っていた。こんな事件が起こるなんて信じられない」と語った。
松田雅也容疑者は容疑を認めていて、長野県警安曇野署は夫婦間で何らかのトラブルがあったものと見て動機など、犯行の経緯の調べを進めている。
現場は、JR大糸線穂高駅から西へ約3キロメートル離れた住宅と農地が点在している地域。


何年も連れ添って来た夫婦。殺された妻の年齢から、若い時期に結婚し、2人の子供‥‥。本来ならこのまま平凡な月日が重ねられて行くはずだったものが、突然の凶行で残された子供2人。祖父母が居れば、そこへ引き取られるかもしれないが、母を殺された実家・母を殺した父の実家‥‥、共に住みにくいだろうし、近所からの視線は冷たいとも考えられ、養護施設で引き取る事が最善かもしれない。
年齢の割に、己の感情の激昂を抑制出来ない、未熟な男の凶行───。昨今、そんな輩がドンドン増えている───。








posted by かえぴょん at 16:59| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

青森市のアパートで女性刺殺、同居の交際相手殺人容疑で逮捕

青森県青森市沖館4丁目のアパートの一室で、住人の職業不詳・高村牧子さん(53)が腹部を刺されるなどして死亡した事件で、青森県警捜査1課は25日、同居していた無職・北川勝美容疑者(47)を殺人容疑で逮捕した。

青森県警捜査1課の発表によると、北川勝美容疑者は25日午前0時頃から午前0時40分頃までの間に、高村牧子さんの左脇腹を刃物で刺した上、首を絞めて殺害した疑い。北川勝美容疑者は高村牧子さんの交際相手で、「自分が殺しました」と供述していると言う。
北川勝美容疑者は事件後、行方不明になっていたが、25日午後1時頃、青森市内の入浴施設で発見された。


【事件の概要】
25日午前1時半頃、青森県青森市沖館4丁目のアパート2階の一室で、この部屋に住む職業不詳・高村牧子さん(53)が血を流して倒れているのを、大家の親族の男性が見つけ119番通報した。高村牧子さんは左脇腹に刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。青森県警は殺人事件の可能性があると見て捜査を始めた。
青森県警捜査1課によると、大家の親族が高村牧子さん方で火災警報器が鳴っているのに気づき、室内に入った所、高村牧子さんが室内で血を流して仰向けに倒れていた。部屋を荒らされた形跡は無く、火災も確認されず、玄関は無施錠だったと言う事です。
高村牧子さんは15日頃に40代の男と、アパートに引っ越して来たばかりだと言う。
「高村さん方には男性が同居していた」と、大家の親族は話していると言う。

同居していると思われる男とは連絡が取れず、近所の商店では24日、高村牧子さんと一緒に買い物をする50代くらいの男の姿が目撃されていて、青森県警捜査1課は、同居人と見られるこの男が何らかの事情を知っていると見て、行方を捜すと共に、殺人事件の可能性もあると見て捜査しています。
一方、現場付近の小中学校では、25日、修了式が行われていて、保護者が付き添うなどして、集団登校が行われました。
現場はJR青森駅の北西約1キロメートルの住宅街。
 *25日17:03に追記





posted by かえぴょん at 14:12| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする