2016年01月31日

日本が逃したジャカルタ高速鉄道、激安受注の中国…怠慢計画で頓挫か


インドネシアよ、中国とはそう言う国だ。




世界一親日と言われるインドネシアが、中国の格安金額で日本との受注合戦に競り勝ったインドネシア・ジャワ島の"ジャカルタ高速鉄道"計画が、着工式典を開いたものの事業契約も未だ調印出来ず、建設許可が出ていないとか…。

中国の後先考えない、権謀術数主義的札束外交を知らないインドネシアにとって、激安計画に目が眩んだが為の、思いも寄らない多大なリスクに、後悔している事だろう……。
何しろ、ずさんで怠慢を押し通す中国だから、高速鉄道についてのノウハウの全く無いインドネシアを陥れる事など簡単な事だったろう。

元々、インドネシアの高速鉄道計画については、日本が受注を目指していたが、2015年8月、突如中国が売り攻勢を開始し、日本との間で受注競争を繰り広げた。しかし2015年9月4日、インドネシアは中国が格安計画を提示した事で、一旦、日中両国の計画を採用を棚上げし、中国が提示した、列車の運行速度を下げ、通常の鉄道路線としてのプロジェクトに方向転換を表明、見直しを行う方針を明らかにした。
これによって高速鉄道は特急並みの速さの鉄道となり、中国の安売りがインドネシア当局を"激安鉄道計画"に傾注させた。

しかし結果的に、この高速鉄道計画はインドネシアにとって高い代償を支払う事になろう。中国とはそう言う国なのだ。




posted by かえぴょん at 15:24| Comment(0) | 卑しい隣人(中国・韓国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

人面獣身!大田区3歳児暴行死事件、20歳の暴力団組員を逮捕


冷酷無比とはこの男を表す言葉として存在しているかのような、余りにも惨たらしい事件・・・。


27日午前0時過ぎ、東京都大田区大森南3丁目のマンション4階で、3歳になる新井礼人(あやと)ちゃんが心肺停止の状態で見つかり、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された事件で、警視庁大森署は、母親(22)の交際相手で同居していた指定暴力団住吉会系組員・永富直也容疑者(20)を傷害の疑いで逮捕した。

事件は、亡くなった新井礼人ちゃんの母親が27日午前0時5分頃に、「子どもに熱があって反応しない」と119番通報があり発覚。到着した救急隊員に「礼人ちゃんは25日に公園の滑り台から落ちて怪我をした」と話していたが、顔や体にアザがあった事から、母親と同居していた永富直也容疑者から事情を聴いていた。
警視庁大森署によると、新井礼人(あやと)ちゃんは洋間の布団の上で横たわっていた。顔やお尻などに数日以内に出来たと見られるアザがあり、左耳から出血していたと言う。死因は頭部への衝撃だった可能性があると言い、警視庁大森署は、新井礼人ちゃんが暴行を受けた疑いもあると見て死亡の経緯を調べた。


その後の調べで、新井礼人ちゃんは暴行から1日以上経って病院に運ばれましたが、警視庁大森署が母親に詳しく話を聴いた所、「(永富直也容疑者が)これまでにも何回かビンタしていた」と供述。「それは躾けの一環だと理解していた」と話し、暴行後に病院に連れて行こうとしたところ永富直也容疑者に、「暴行の後、礼人ちゃんは38度近い熱を出し、吐いたり失禁したりしていたが、暴行した事がバレるぞ。お前も一緒に居たんだから逮捕されるぞ」などと言われ、更に「永富直也容疑者に公園の滑り台から落ちて怪我したと言え、と指示された」と説明していると言う。

この供述から警視庁大森署は27日、傷害の疑いで、母親の交際相手で、同居する指定暴力団住吉会系組員・永富直也容疑者(20)を逮捕した。永富直也容疑者は「夕食中に自分に『ガンをつけた』ので頭にきた。人生に悔いはない」などと容疑を認めていると言う。
逮捕容疑は、25日午後8時半頃、室内で新井礼人ちゃんの頭や腹を殴ったり蹴ったりするなどして、頭蓋内出血などの大怪我を負わせたとしている。この時、暴行は約1時間続いたと見られる。
警視庁大森署によると、永富直也容疑者は昨年夏頃に母親と知り合い、今年1月8日から3人で暮らしていた。母親は「新井礼人が過呼吸になって痙攣を起こし、暴行が止んだ。途中で止めようとしたが自分も殴られ、出来なかった」などと説明していると言う。

母親は搬送先の病院で、医師に「公園の滑り台から落ちた」と説明したが、診察した医師は、「虐待」の疑いがあると判断。警視庁大森署に通報し、事件が重大事案だと発覚した───。
東京都大田区によると、新井礼人ちゃんは0歳の頃から大田区立の保育園に通い、直近の通園日だった25日の着替えの際、体にアザなどが無かった事を確認している。又、これまでに虐待の相談や通報も無かったと言う。

永富直也容疑者は身長195センチ、体重120キロで、身長1メートルに満たない新井礼人ちゃんに殴る蹴るの暴行を続けた事になる。
怒りに委せた残酷な暴力が幼い子供の生命を奪った!22歳の母親が新井礼人ちゃんを産んだのは19歳頃で、どんな経緯で母子家庭だったのかは分からないが、男にすがる事しか不佞な性格だったとすれば、永富直也容疑者と出会った事で運は尽きてしまったのかもしれない。その巻き添えの犠牲になった3歳の礼人ちゃんが、可哀想で仕方がない───。これで傷害致死罪で罰せられるのなら、それは余りにも不条理としか言いようがない!




posted by かえぴょん at 17:28| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

大阪市北区で父親を何度も足蹴りし死亡させる…20歳長男を逮捕

23日午後2時〜8時頃、大阪府大阪市北区中崎3の住宅で、父親に暴行し負傷させたとして、大阪府警曽根崎署は26日、傷害容疑で大阪市北区中崎の私立大2年・戎(えびす)裕一郎容疑者(20)を逮捕したと発表した。大阪府警曽根崎署によると、自宅2階の和室でテレビを見ていた父親・戎忠裕さん(56)に、顔面、胸、腹、両手足などを何度も足蹴りするなどの暴行を加え、負傷させたとしている。父親は肋骨を折って肺を損傷するなどし、24日に死亡した。大阪府警曽根崎署は容疑を傷害致死に切り替えて送検する方針。

大阪府警曽根崎署によると、戎裕一郎容疑者は父親と2人暮らしで、「父に『あっちに行け』とバカにされて、カーっとなった。寝転んでいる後ろから殴ったり、蹴ったりした」と容疑を認めている。
戎忠裕さんは暴行を受けた23日夜、三重県で別居する妻(53)に、「息子を怒らせてしまって蹴られた」と電話で連絡。24日朝、今度は戎裕一郎容疑者が母親に、「父親の様子がおかしい」と電話し、母親が戎忠裕さんの自宅近くで暮らす祖母に様子を見に行ってもらったところ、戎忠裕さんは2階の廊下付近でぐったりして座り込んでいた。救急搬送されたが、間もなく死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は暴行で肺が損傷した事が疑われる外傷性気胸だった。

記事引用元:毎日新聞: http://mainichi.jp/articles/20160127/k00/00m/040/079000c
産経ニュース: http://www.sankei.com/west/news/160126/wst1601260066-n1.html



posted by かえぴょん at 17:56| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

札幌市女性殺人事件、交際相手の38歳男を逮捕


24日午前1時50分頃、北海道札幌市白石区のマンションの1室で、この部屋に住むアルバイト従業員・小野美弥紀さん(31)が、首を締められて死んでいるのが見つかり、北海道警は、この部屋で同居していた女性の交際相手で無職・畑純平容疑者(38)を殺人の疑いで逮捕しました。
24日深夜、北海道札幌市白石区のマンションの大家の女性から、「部屋を借りている男性から電話があり、『女性と2人で自殺しようとしたが女性だけが死んだ』と言っている」、などと言う内容の110通報が警察にあり、警察官が部屋の中を調べた所、小野美弥紀さんがベッドの上に仰向けに倒れて死んでいるのが見つかった。
警察が、この部屋にいた畑純平容疑者に話を聞いた所、殺害した事を認めた為、殺人の疑いで逮捕しました。
畑純平容疑者は、今月20日頃から23日までの間に、同居していた小野美弥紀さんの首を紐のような物で絞めて殺害した疑いが持たれています。小野美弥紀さんの死因は窒息死でした。

北海道警によりますと、畑純平容疑者は、殺害された小野美弥紀さんの交際相手で、札幌市白石区の現場マンションの1室で同居していたと言う事で、北海道警の調べに対して「生活費の事で揉めた。自分の金を使ったので腹が立って首を絞めて殺してしまった」と話し、「殺したのは21日頃だと思う」とも話していると言う事です。警察が詳しい経緯を調べています。


またしても金銭トラブル‥‥しかも無断借用の挙げ句!
ドラマや小説にあるような「積年の恨み」とか「借金の果ての犯罪」などの複雑な因縁・怨念・復讐など微塵も無く、突発的に激昂した挙げ句の気短かいヒステリー状態での犯行。
21日の東京都羽村市の事件と言い、この北海道札幌市の事件と言い、どちらも犯人自ら通報している事も見ると、犯行時の狂乱状態から時間が経ち冷静になって、事の重大性に気づいた気配がある。

金銭の事になると常軌を逸し、暴走し強暴化する人間を、もはや誰も止める事は出来ない・・・。




posted by かえぴょん at 13:42| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

東京都羽村市の団地で中国人女性絞殺、交際相手の67歳男を逮捕


21日午前4時頃、東京都羽村市富士見平の団地の部屋で、中国籍の胡艶美(フ・イエンメイ=51)さんが死亡しているのが見つかった事件で、警視庁福生署は23日までに、交際相手で東京都羽村市富士見平2の老人ホーム職員・清水民治容疑者(67)を、女性の首を絞めて殺害したとして、殺人容疑で逮捕した。

警視庁福生署によると、清水民治容疑者は事件当日、胡艶美(フ・イエンメイ)さんに夫がいることを知った事や、2人で貯めたお金の事を巡り口論になったと言う。調べに対して清水民治容疑者は、「夫が居ると言われ、頭にきて首を絞めた」と供述。「金を返せと言ったら使い切って『一切無い』と言われてカッとなった」と容疑を認めていると言う。

警視庁福生署によると、2人は約2年前から交際していた。24日未明、「彼女を殺してしまった」と清水民治容疑者自ら110番通報があり、警察官が室内を調べると、死亡している胡艶美(フ・イエンメイ)さんを発見した。
また、清水民治容疑者は犯行後に、自らの首にナイフが刺さった状態で倒れていて、病院に搬送されたが、程度は軽く22日に退院し、逮捕されたと言う。清水民治容疑者は「自分も死のうと思った」と話しているとの事。


浮気なのか不倫なのかは知らないが、すっかり騙された挙げ句、二人で貯めた金を無断で使われれば、まさしく金の切れ目が縁の切れ目と昔は言ったものだが、近年は金銭のトラブルが悲劇的な兇悪事件へと発展するケースばかり。
今更言うまでもないが、「お金」は麻薬以上の犯罪への狂暴な魔力を持っているようだ。



posted by かえぴょん at 18:28| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする