2017年11月19日

大阪市浪速区の高層マンションから68歳男性転落死、部屋で66歳妻を殺害後、自殺か


大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件.jpg
18日23時45分頃、大阪府大阪市浪速区(なにわく)敷津東(しきつひがし)2丁目の33階建てタワーマンション前の路上で、「男性が上から落ちてきた。転落したようだ。」と、通行人の男性から110番通報があった。大阪府警浪速署員が駆け付け所、マンション南側の歩道で、パジャマ姿の男性が死亡しているのが発見された。
死亡したのは、このマンション26階に住む無職の長谷川敏明さん(68)。大阪府警浪速署員が長谷川敏明さん宅を調べた所、妻で整体院経営の長谷川啓子さん(66)が首にコードの様な物が巻き付いた状態で倒れており、その場で死亡が確認された。
大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件1.jpg
大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件2.jpg
大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件3.jpg

大阪府警浪速署は、夫の長谷川敏明さんが妻の長谷川啓子さんの首を絞めて殺害後、部屋から飛び降り自殺を図った可能性があると見て調べている。
大阪府警浪速署によると、長谷川さん夫婦は2人暮らし。部屋は施錠されていた。19日深夜02時10分頃、同じマンションの別の部屋に住む娘と、大阪府警浪速署員が夫婦宅の玄関の鍵を開けて入った所、長谷川啓子さんがキッチンのテーブルの脇で、部屋着姿で仰向けに倒れていた。室内が荒らされた跡などは無かった。
大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件4.jpg
大阪市浪速区敷津東マンション女性殺害男性自殺事件5.jpg

同じマンションに住む男性(36)は、「エレベーターで夫と一緒になる事があった。自分の子に『いくつになったか』と声を掛けてくれるなど、優しく穏やかそうな印象だった」と、驚いた様子で話した。
現場は南海電気鉄道・難波駅の南約700メートルのマンションやビルが建ち並ぶ地域。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:03| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

岩手県宮古市の社会福祉施設で入所男性殺害…同室の69歳男を殺人容疑で逮捕


テレビ岩手アナウンサー江口アミのニュース--岩手県宮古市救護施設男性殺人事件.jpg

岩手県警宮古署は17日深夜、岩手県宮古市松山8の社会福祉救護施設「松山荘」で、同室の男性を殺害したとして、岩手県山田町の無職・芳賀幸吉(こうきち)容疑者(69)を殺人容疑で逮捕した。芳賀幸吉容疑者は容疑を認めている。
逮捕容疑は17日04時15分頃、岩手県宮古市松山8の社会福祉救護施設「松山荘」で、2人部屋のベッドで寝ていた、岩手県山田町の無職・千代川一郎さん(76)の口をタオルの様な物で塞いで殺害した疑い。司法解剖の結果、死因は窒息死だった。
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件1.jpg
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件4.jpg
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件2.jpg

岩手県警宮古署によると、当直職員が17日06時45分頃、芳賀幸吉容疑者から「人を殺した」と、告げられ意識不明の状態でベッドに横たわっている千代川一郎さんを発見、消防に通報しました。千代川一郎さんは病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。岩手県警宮古署の調べに対して、芳賀幸吉容疑者は「タオルで口を塞いだ」などと、容疑を認めていると言う事です。
施設によりますと、芳賀幸吉容疑者は今年6月に入所して、6畳の洋室で千代川一郎さんと相い部屋でしたが、2人の間にこれまでトラブルは無かったと言う事です。2人は精神障害を患って入所していた。岩手県警宮古署は、動機や殺害に至った経緯を調べている。
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件5.jpg
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件6.jpg

【救護施設「松山荘」】
身体や精神に障害があり、独立した生活を送る事が困難な人たちの保護施設。松山荘は1973年に開所し、社会福祉法人「岩手県社会福祉事業団」が運営している。2人部屋が42室、個室が16室あり、入院中も含めて100人が入居している。
松山荘では2008年にも、男性入所者が隣室の男性入所者を包丁で刺殺する事件が起きている。
岩手県宮古市救護施設男性殺人事件7.jpg








勃起増大成功の方程式・男性用サプリ・グラトリン

posted by かえぴょん at 19:00| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都葛飾区の荒川河川敷ホームレス男性殺人事件…42歳ホームレス仲間の男逮捕


東京葛飾区荒川河川敷男性殺人事件.jpg

東京都葛飾区四つ木の荒川の河川敷で、ホームレス仲間の男性をハンマーで殴って殺害したとして、警視庁葛飾署は18日、住所不定、無職・神山淳(すなお)容疑者(42)を殺人容疑で逮捕した。神山淳容疑者は、「脅すつもりでハンマーを使ったが、殺すつもりはなかった」と、殺意を否認していると言う。
警視庁葛飾署によると、神山淳容疑者は15日17時50分頃、東京都葛飾区四つ木1丁目の荒川河川敷の橋の下で、河川敷で寝泊まりするホームレス仲間だった住所不定、無職・畠山幸男さん(61)の頭をハンマーで殴って殺害した疑いがある。
東京葛飾区荒川河川敷男性殺人事件1.jpg
東京葛飾区荒川河川敷男性殺人事件2.jpg

17日午前、神山淳(すなお)容疑者が現場近くを通り掛かった河川事務所の職員に、「人が倒れている」と申告。職員が河川敷で畠山幸男さんを発見、警察に通報し、駆け付けた警視庁葛飾署員が、現場で既に死亡している畠山幸男さんを確認した。

東京葛飾区荒川河川敷男性殺人事件3.jpg
2人は現場近くで暮らすホームレスで、一緒に酒を飲んでいて口論になり、神山淳容疑者がハンマーを持ち出した為、揉み合いになったと言う。畠山幸男さんは頭のほか、胸や背中にも殴られたような痕があった。神山淳容疑者は、「酒を飲んでいてケンカになった。殺すつもりはなかった」と、供述していると言う。




posted by かえぴょん at 17:58| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

福井県勝山市の住宅で84歳女性殴り殺害…長女の62歳元夫を殺人容疑で逮捕


福井県勝山市元高齢義母殺害事件.jpg

福井県警勝山署捜査本部は17日、福井県勝山市元町2丁目の住宅で、住人の無職・松山としさん(84)が頭から血を流して死亡しているのが見つかった事件で、殺人と住居侵入容疑で松山としさんの長女(60)の元夫で、福井県勝山市平泉寺町(ヘイセンジチョウ)平泉寺の無職・室坂(むろさか)一美容疑者(62)を逮捕した。室坂一美容疑者は「殺そうと思って家に行き、金槌で殴った」と、容疑を認めていると言う。
福井県勝山市元高齢義母殺害事件0.jpg
福井県勝山市元高齢義母殺害事件1.jpg

逮捕容疑は15日18時00分頃、松山としさんを殺害する目的で松山さん宅に侵入し、金槌で頭部を数回殴り殺害した疑い。金槌は長さ約40センチメートル。供述を基に捜索した結果、室坂一美容疑者の自宅近くの用水路で発見した。
福井県警勝山署捜査本部によると、15日22時10分頃、福井県勝山市元町2の松山としさん宅で、帰宅した長女(60)から、「母が頭から出血していて意識がない」と、110番通報があった。福井県警勝山署員と消防が駆け付けると、住宅1階の居間で、頭部から血を流して仰向けに倒れている松山としさんを発見。病院に搬送されたが、死亡が確認された。司法解剖の結果、頭の骨が複数箇所折れており、死因は脳挫傷と判明。鈍器のような物で頭部を複数回殴られたと見られるが、現場で凶器は見つからなかった。また室内が荒らされた形跡は無かったと言う。
福井県警勝山署は殺人事件と見て、捜査本部を設置し、捜査していた。
福井県勝山市元高齢義母殺害事件3.jpg
福井県勝山市元高齢義母殺害事件2.jpg

室坂一美容疑者は8年前に離婚した長女(60)に対し金を無心するなどトラブルがあり、長女は警察に相談していたと言う。福井県警勝山署捜査本部は、松山としさんの殺害に至った詳しい動機は捜査している。




posted by かえぴょん at 17:27| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

【岐阜廃屋白骨続報】中津川市の白骨遺体…通報の50歳男を詐欺容疑で逮捕


岐阜県中津川市白骨死体事件続報.jpg

岐阜県警捜査1課と岐阜県警中津川署は15日、昨年11月、岐阜県中津川市付知町(つけちちょう)の廃屋(はいおく)で、ビニール袋に入った白骨化した男性のご遺体が見つかった事件で、この男性になりすまして銀行口座を開設し、キャッシュカードを騙し取ったとして、ご遺体の発見を通報した岐阜県下呂市出身で、愛知県名古屋市西区菊井の無職・田中幸治容疑者(50)を詐欺の疑いで逮捕した。田中幸治容疑者は別の事件で服役中で、調べに「何の事だか分からない」と、容疑を否認している。
岐阜県中津川市白骨死体事件続報0.jpg
岐阜県中津川市白骨死体事件続報1.jpg

岐阜県警中津川署によると、白骨遺体で見つかったのは東京都足立区中央本町の元タクシー運転手・金田浩一さん(行方不明当時42)であるとDNA型鑑定で判明した。金田浩一さんは独身で1人暮らしだったと言い、2010年10月に両親から警視庁に行方不明届が出ていた。
田中幸治容疑者は2016年11月9日、「廃屋で、約1年前に死体らしきものを見た」と、岐阜県警中津川署付知(つけち)交番に届け出た。岐阜県警中津川署員が翌10日、廃屋の押し入れのビニールの布団袋から一部白骨化したご遺体を見つけた。
逮捕容疑は氏名不詳者と共謀し、他人に譲渡して金銭を得る目的で、2010年12月8日、金田浩一さんになりすまし、インターネット銀行の口座開設をオンライン上で申し込み、キャッシュカードを手に入れ、2011年2月21日、カードを紛失したとして再発行手続きを行い、カードを騙し取った疑い。岐阜県警捜査1課によると、口座は2011年3月末に凍結され、4月に転売されていた。
岐阜県中津川市白骨死体事件続報2.jpg

田中幸治容疑者は、ご遺体発見の通報当時、「遺体が誰か知らない」と話していたが、田中幸治容疑者の関係先から紛失したはずのカードや、金田浩一さんの身分証明書が見つかったと言う。
ご遺体が入ったビニール袋には有毒ガスの硫化水素を発生させた形跡が残っており、自殺の可能性もあると言う。2人は“自殺サイト”を通じて知り合った可能性があると言う。岐阜県警捜査1課は金田浩一さんが死亡した経緯を知らないか事情を聴く方針。

岐阜県中津川市白骨死体事件続報3.jpg

田中幸治容疑者は2016年4月、別事件の犯罪収益移転防止法違反の疑いで愛知県警に逮捕され、名古屋地方裁判所で2016年12月に懲役1年の判決を受けた。控訴したが棄却され、三重県内の刑務所で服役していた。通報当時は保釈中で、愛知県名古屋市に住んでいた。

◆田中幸治容疑者 3月の一問一答。
愛知県警に逮捕された田中幸治容疑者は、マネーロンダリング(資金洗浄)事件で服役する前の今年3月、岐阜新聞社の取材に2度応じた。仕事で関係した男に指示されて見知らぬ2人と会い、岐阜県中津川市に連れて行かれ、金田浩一さんのご遺体を初めて見たと言い、死亡への関与を否定した。
■一問一答は次の通り■
――遺体を初めて見たのはいつか。
「2015年の9月か10月頃。(男の指示で)名古屋駅で見知らぬ2人に車に乗せられて移動し、犯罪(口座を譲り受ける役割)を手伝えと言われた。まずは写真を見せられ、次に押し入れの遺体を見た」
――遺体の状況は。
「大きさなどから人間かなと思ったが直視できなかった。同じ目に遭うのではという恐怖心から犯行(資金洗浄)に協力する事にした」
――通報が昨年になった理由は。
「(資金洗浄)事件への関与に積極性がなかった事を伝えたかった。公判が始まる前日にレンタカーを借りて行って見た」
――金田さんの死亡に関わっていないか。
「(通報した当時)警察に聴かれた。『自殺を手助けした(のではないか)』とも言われたが、やってない。そこに行ったら(遺体が)あったと伝えた」




posted by かえぴょん at 17:44| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い